【CHECK】自分でやってやいけない浮気調査とは?

浮気を認めさせるには証拠が必要です。
しかし、証拠を集めるためとはいえ、やってはいけない浮気調査 があります。
詳しくはこちらのページでご確認ください。
▶▶浮気が発覚!絶対に必要な証拠とは?やってはいけない自力での浮気調査とは?

【浮気調査】探偵に依頼する時の流れ|失敗しない選び方をチェック

このページでは、探偵に浮気調査を依頼する時の流れと内容をまとめています。

探偵の選び方や料金を安くする方法、どこまでが無料なのか?など、依頼する時に気になることを事細かに解説しています。

どうやって依頼すればいいのか?迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

ムカつく!ぜったい許せない!!ギャフンと言わせたい!!!

言い逃れできない証拠を突きつけ、とにかく旦那をこらしめたい!

だからといって、あなた1人で突き進むのはキケンです

もし旦那にバレてしまったら...一気に形勢が逆転して、あなたが悪者扱いされる可能性が。

✅今すぐ確実な証拠が欲しい!
✅溜め込んでいる悩みを吐き出したい!
✅旦那と浮気相手に制裁を与えて反省させたい!


そんな時は「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

無料で何度でも相談できるサービスで、今のあなたに最適な解決方法を提案してくれます。

24時間365日、【完全匿名】で相談できます。

今すぐ浮気問題のプロに相談し、協力して旦那をギャフンと言わせましょう!

▶▶探偵さがしのタントくんへの無料相談はこちらをタッチ

あなたの悩み・状況に最適な探偵を15社の中から紹介
✅納得できるまで何度でも無料で相談OK(電話・メール)
✅地方でも対応!面談は日本全国どこでも対応

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/

探偵に浮気調査を依頼する時の流れと内容まとめ

探偵に浮気調査を依頼する時の基本的な流れは、下記のようになっています。
(ステップ6〜10は依頼後の流れになっています)

  1. 探偵選び
  2. メールor電話相談(無料)
  3. 対面相談・カウンセリング(無料)
  4. 調査料金見積り(無料)
  5. 正式契約・依頼→ここで料金発生
  6. 調査打ち合わせ
  7. 本調査開始
  8. 調査終了
  9. 調査結果報告
  10. 調査後の相談・アフターフォロー

正式に依頼をするまでは、原則として一切料金が発生しません。

相談は何度でも無料でできますから、納得いくまで何度も相談してOKです。

また、相談・対面した時に「この探偵はちょっと…」と思ったら、他の探偵を検討しましょう。

料金の安さはもちろんですが、担当者の印象や相性も大切ですからね。

▶▶【匿名OK】信頼できる探偵に相談する(無料です)

次に各ステップの詳細をチェックしていきます。

探偵選び

まずはどこの探偵に依頼するか?を決める「探偵選び」からスタートです。

選ぶ時はネットを使いましょう。

  • (地域名) 探偵
  • (地域名) 興信所
  • (地域名) 浮気調査

と検索すれば、お住いの地域の浮気調査を行っている探偵事務所が出てきます。

そして、複数社(2〜3社以上)のホームページをチェックし、ここだ!という探偵事務所に相談を申込みましょう。

※先ほども記載したように、相談・カウンセリング・見積りは「無料」の探偵がほとんどです。

なので、複数社で相談・見積りをもらって、その中から比較すると、より相性のいい探偵事務所を見つけることができます。

メールor電話相談(無料)

続いて、メールもしくは電話での相談を行います。

メールで相談する手順

探偵事務所のホームページ内にある「お問い合わせ」フォームから相談をします。

フォーム内には「お問い合わせ/相談内容」を記入する項目があるので、ここはできるだけ詳しく記入しましょう。

メールだと上手に説明できない…という場合は、「詳しくは電話で相談させてください」と記入すればOK。

問い合わせ内容の送信が完了すると、後日その探偵事務所から連絡(メールもしくは電話)が届きます。

電話で相談する手順

ホームページに記載されている電話番号に直接電話をします。

電話をしたら「浮気調査について相談したいのですが…」と切り出せばOKです。

あとは担当者の質問に回答していく形になります。

ただし、時間帯(早朝や深夜)によっては、探偵事務所の調査員ではなく「電話対応専門スタッフ」が対応します。

この場合、後ほど調査員もしくはカウンセラーから折り返しに電話が届きます。

対面相談・カウンセリング(無料)

メール・電話の相談が完了したら、次は「対面相談・カウンセリング」に移ります。

直接顔を合わせて相談する方が、お互いの印象が伝わりやすいですし、信用も築けます。

対面相談・カウンセリングでは、調査対象者に関する情報や現時点で分かっている情報、今後の方向性についてなどを話し合います。

この時点では、まだ料金は発生しません。

納得いかない場合は持ち帰って、検討するなり、他の探偵に相談するなりしても大丈夫です。

また、対面した時に「この担当者や探偵事務所には依頼したくないな…」と思ったら、断っても問題ありません。

  • もう少し検討させてください
  • 他の探偵も検討したいので
  • 予算がないので無理です

このように断りましょう。

もし、断っても強引に営業してくる場合は「しつこいので辞めてください。信頼できません。」とハッキリ伝えましょう。

▶▶【匿名OK】信頼できる探偵に相談する(無料です)

【対面相談のポイント1】対面相談の時に質問したい項目10選

本来であれば担当者から十分な説明があるはずですが、もしも疑問点などあれば、どんどん質問しましょう。

最低でも以下の項目は把握しておくべきです。

  1. 担当者の名前や連絡先(名刺をもらう)
  2. 調査料金の総額(費用の内訳も聞く)
  3. 調査が失敗した場合の対応(返金の有無など)
  4. 調査に要する期間
  5. 調査のキャンセル(解約)、中断時の対応(同じく返金の有無など)
  6. 途中経過や最終報告のタイミング
  7. 調査「成功」の定義は
  8. 調査が成功するおおよその確率
  9. 報告書の内容(過去のサンプルを見せてもらう)
  10. 調査終了後の対応(アフターサポートなど)

以上の項目は必ずメモして、複数の業者で内容を比較してみてください。

トラブルを防ぐために、レコーダーで録音する方法もおすすめです。

【対面相談のポイント2】依頼してはいけない悪徳事務所の特徴

探偵の能力には大きな「格差」が存在します。

割安な料金で精度の高い調査を実施してくれる探偵もいれば、高額な料金を請求していい加減な調査でごまかす探偵もいます。

悪質な業者に引っかかることがないよう、以下の項目をチェックしておきましょう。

一つでも条件が当てはまれば、その探偵への依頼は控えるべきです。

  1. 態度が横柄、説明がいい加減
  2. 事務所や担当者の服装に清潔感がない
  3. 事前の見積もり、依頼時の契約がない
  4. 料金体系が不透明、内訳の説明がない
  5. 年収や家族構成など、調査に関係のないことを聞いてくる
  6. 「絶対に成功する」など、セールストークが多い
  7. 相談(ヒアリング)時の対応に誠意が感じられない(すぐに契約させようとする)
  8. こちらの質問に対して回答が曖昧(大体、多分などの言葉を多用する)
  9. ネットで評判が悪い(もしくは口コミの情報が少ない)
  10. 追加費用、再調査の必要性をほのめかす(もしくは全くその説明がない)

調査料金見積り(無料)

対面相談・カウンセリングとあわせて「調査料金の見積り」をもらうこともできます。

料金は調査時間によって大きく上下します。

細かい情報や証拠を提供できれば、その分調査時間が短くなり、料金も安くなります。

反対に、情報や証拠が少ないと、調査時間が長くなる可能性があるので、お気をつけください。

※調査料金の相場はこちらでチェックできます。
▶▶探偵の浮気調査|料金相場はいくら?費用を格安に抑えるコツ5つ

正式契約・依頼→ここで料金発生

見積りを確認し、ここにしよう!と決めたら、正式契約・依頼手続きに移ります。

ここで料金が発生するので、ご注意ください。

申込みをする際は、探偵業法という法律で指定されている書類に記入を行います。

  • 調査委任契約書(申込書)
  • 重要事項説明書
  • 誓約書

調査打ち合わせ

正式契約が完了したら、本調査を行う前の「調査打ち合わせ」をします。

  • 調査日程
  • 調査時間
  • 車両や調査員の配置
  • 調査対象者に関する情報 等々

「段取り八分」という言葉がありますから、調査打ち合わせはとても大切なステップです。

本調査開始

調査打ち合わせが完了したら、いよいよ「本調査開始」です。

ただし、本調査開始と同時に注意すべき点があります。

それは「あなたが探偵に浮気調査を依頼したことをバレないようにする」ということです。

そわそわしたり、態度を急変させたりすると、一気に怪しまれてしまいます。

ですから、本調査がスタートした後は、今まで通りに生活することを心がけてください。

また、本調査中は「中間報告・リアルタイム報告」を受け取ることもできます。

今どうなっているのか?って一番気になることですからね。

調査結果報告

契約した時間・期間の調査が終了したら、調査結果や状況の報告が行われます。

  • 調査対象者の行動
  • 浮気相手との行動
  • 決定的瞬間の写真・動画 などなど

このような情報が事細かに記載され、「調査報告書」が作成されます。

調査報告書には言い逃れできない確実な証拠が記載してありますから、裁判になった時でも重要な証拠として使えます。

調査後の相談・アフターフォロー

調査結果を受け取ったら、今後どうしたいのか?を相談します。

関係を修復するのか?それとも離婚して慰謝料を請求するのか?

ここからが本当の戦いです。

自分が決めたこととはいえ、実際に浮気の証拠(写真や動画)を目にするのはとにかくツラいですし、落ち込みます。

ですから、冷静になって・落ち着いて相談することが難しいです。

が、相談する相手はプロのカウンセラーです。

あなただけでなく、浮気に悩んできた方々の問題を解決しています。

カウンセラーの力を借りて、戦いを乗り越えましょう。

▶▶【匿名OK】信頼できる探偵に相談する(無料です)

怪しいイメージのある探偵だけど、実際は「普通の人」です

探偵に実際に会って話を聞いてみると、ごくごく普通の人間であることがわかります。

人当たりが良く、親身に話を聞いてくれる探偵だって少なくありません。

受付や相談専用の人員を配置しており、担当者が1時間以上「無料の相談サービス」で対応してくれる場合もあります。

ただし、探偵は「悩み相談」を本業にしているわけではありません。

本業は「調査」です。
(素行・浮気調査、人探し、信用調査など)

悩みを相談すれば、確かに気持ちはスッキリします。

でも、問題が解決するわけではありません。

調査を依頼する▶証拠を掴んでもらう▶旦那と浮気相手に制裁する

ここまでして、やっとこさ解決に至ります。

ムカつく!ぜったい許せない!!ギャフンと言わせたい!!!

言い逃れできない証拠を突きつけ、とにかく旦那をこらしめたい!

だからといって、あなた1人で突き進むのはキケンです

もし旦那にバレてしまったら...一気に形勢が逆転して、あなたが悪者扱いされる可能性が。

✅今すぐ確実な証拠が欲しい!
✅溜め込んでいる悩みを吐き出したい!
✅旦那と浮気相手に制裁を与えて反省させたい!


そんな時は「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

無料で何度でも相談できるサービスで、今のあなたに最適な解決方法を提案してくれます。

24時間365日、【完全匿名】で相談できます。

今すぐ浮気問題のプロに相談し、協力して旦那をギャフンと言わせましょう!

▶▶探偵さがしのタントくんへの無料相談はこちらをタッチ

あなたの悩み・状況に最適な探偵を15社の中から紹介
✅納得できるまで何度でも無料で相談OK(電話・メール)
✅地方でも対応!面談は日本全国どこでも対応

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/

【体験談】探偵に浮気調査を依頼|悪徳事務所の見分け方

探偵業はかなりの費用を要するサービス。

悪質な業者に依頼しないためにも、事前の情報収集はきっちり行わなくてはなりません。

では、どのような情報を集めれば悪徳事務所に引っかからないか?

ポイントが次の通りです。

1,自分の目で見て耳で聞く

ネット検索などで探偵事務所をピックアップする▶メールや電話で相談する▶対面相談をする、というものです。

正式に契約を交わさない限り、費用は一切発生しません。

なので、自分の目で見て・耳で聞いて、納得するまでとことん行動しましょう。

詳しい流れ・手順が次の通りです。

サイトで情報をチェックする

(詳細の確認はここをタッチ)

電話で話を聞く

(詳細の確認はここをタッチ)

実際に会って話を聞く

(詳細の確認はここをタッチ)

2.調査成功率やお客察満足度は「あくまでも目安」

探偵によっては、調査の「成功率」を売りにしている場合もあります。

優秀な探偵なら成功率は90パーセントを超えるともいわれています。

でも、この数字はかなり恣意的に操作できるもの。

中には、全く根拠のない成功率を掲げている業者だってあるかもしれません。

「顧客満足度」や「リピート率」、「業界№1」というような言葉にもさして意味はありません。

一種のキャッチコピーのようなものなので、依頼先を選ぶときの基準にはしない方が良いでしょう。

特に調査の「成功率」は、依頼内容や依頼者の協力(情報提供)によって、大きく増減します。

3.見積り料金の「高すぎ」「低すぎ」に注意

費用の根拠をはっきり示すことなく、依頼者の「年収」や「予算」に応じて、その「限度額を要求する」例が多いのです。

したがって、相談の時点で予算や年収を尋ねてくる探偵には要注意。

依頼者の懐事情を探っているのかもしれません。

では「格安」の探偵はどうなのでしょうか。

実際に良心的な探偵も少なくありませんが、よく見られるのは「追加料金」を頻繁に請求するケース。

見積もりの段階では費用10万円のはずが、依頼後に車両費5万円、延長料金10万円、書類の作成費3万円、各種手数料1万円…

というような形で費用をどんどん請求してきます。

依頼時には必ず費用の「総額」をチェックして、追加料金の有無は明確にしておきましょう。

4.あなたの行動次第で「調査が失敗する」可能性が

探偵が調査に失敗する例としては、

  • 尾行や張り込みが対象者にバレる
  • 調査を実施したが証拠や情報を入手できなかった
  • 入手した情報に誤りが含まれていた

以上のようなケースを思い浮かべる方が多いかもしれません。

しかし実際に多いのは、「依頼者の行動から調査が露呈してしまう」ケース。

失敗の原因は、「依頼者の言動にある」場合が多いのです。

例えば、対象者に「探り」を入れてみたり、スマホやパソコンを盗み見したり、依頼の事実をバラしてしまったり…

これら「不審な言動」や「感情的な振る舞い」が、調査の失敗要因として考えられます。

特に浮気調査に関しては、「冷静に調査結果を待てない」依頼者も多く、その行動から「依頼の失敗を自ら招く」ケースが少なくありません。

依頼後は調査を探偵に一任し、依頼者は「いつもどおりに振舞う」ことを唯一の仕事として心がけましょう。

何もしないこと」が探偵にとっては最大の協力となります。

5.調査「成功」の基準をハッキリ確認しておく

何をもって調査を「成功」とするのか。

どのような落ち度があれば失敗なのか。

その判断は依頼(契約)内容によって異なります。

  • 浮気調査なら、証拠の取得を契約に含むか否か。
  • 行方調査なら、所在地を把握することに加えて、対象者とコンタクトするかどうか。
  • 身元調査なら、年齢、職業、既婚歴、収入、電話番号などのうち、どの情報を知りたいのか。

調査の「目的」は、依頼者の「要望」次第。

調査の目的によって契約の内容は異なりますし、その期間、方法、料金も変わります。

同じく「調査が失敗した場合の対応」=返金などにも影響するので、成功・失敗の基準は曖昧にしないよう心がけてください。

探偵に関する基礎情報まとめ

【CHECK】自分でやってやいけない浮気調査とは?

浮気を認めさせるには証拠が必要です。
しかし、証拠を集めるためとはいえ、やってはいけない浮気調査 があります。
詳しくはこちらのページでご確認ください。
▶▶浮気が発覚!絶対に必要な証拠とは?やってはいけない自力での浮気調査とは?

探偵に頼むと”こんなこと”までわかります!

実際に探偵に頼むと、どんな証拠をつかむことができるのか?

探偵の調査が終了すると、下記のような「調査報告書」があがってきます。(下の+ボタンをタッチで詳細をチェック)

これはかなり強力な証拠で、いざ裁判になった時にも使える武器です。

自力でこんな調査報告書をつくるのは・・・まずムリです。

調査報告書の中身を実際に見てみる(詳細はここをタッチ)

ムカつく!ぜったい許せない!!ギャフンと言わせたい!!!

言い逃れできない証拠を突きつけ、とにかく旦那をこらしめたい!

だからといって、あなた1人で突き進むのはキケンです

もし旦那にバレてしまったら...一気に形勢が逆転して、あなたが悪者扱いされる可能性が。

✅今すぐ確実な証拠が欲しい!
✅溜め込んでいる悩みを吐き出したい!
✅旦那と浮気相手に制裁を与えて反省させたい!


そんな時は「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

無料で何度でも相談できるサービスで、今のあなたに最適な解決方法を提案してくれます。

24時間365日、【完全匿名】で相談できます。

今すぐ浮気問題のプロに相談し、協力して旦那をギャフンと言わせましょう!

▶▶探偵さがしのタントくんへの無料相談はこちらをタッチ

あなたの悩み・状況に最適な探偵を15社の中から紹介
✅納得できるまで何度でも無料で相談OK(電話・メール)
✅地方でも対応!面談は日本全国どこでも対応

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/


【CHECK】自分でやってやいけない浮気調査とは?
浮気を認めさせるには証拠が必要です。
しかし、証拠を集めるためとはいえ、やってはいけない浮気調査 があります。
詳しくはこちらのページでご確認ください。
▶▶浮気が発覚!絶対に必要な証拠とは?やってはいけない自力での浮気調査とは?