【LINE】友だちのブロックリストを確認する方法

LINEの使い方・設定

【LINE】友だちのブロックリストを確認する方法

755view

友だちをブロックすると、友だちリストへ表示されなくなり、トーク・通話のやり取りもできなくなります。

そのため、ブロックしている友だちを確認するためには「ブロックリスト」を表示させる必要があります。

類似の機能である「非表示」や「削除」との違いなども確認していきましょう。

※LINEのパスワードを解除する方法とリスクについて※
▶▶【LINEパスワード】ロックの解除方法|勝手にスマホを見るのは違法?

LINEのブロックリストを確認する方法

まずはブロックリストを確認する方法をiPhone/Android別で確認していきます。

iPhone

iPhoneでブロックリストを確認する(詳細の確認はここをタッチ)

Android

Androidでブロックリストを確認する(詳細の確認はここをタッチ)

LINEの友だちをブロックする方法

続いて、友だちをブロックする方法をiPhone/Android別で確認していきます。

iPhone

iPhoneで友だちをブロックする(詳細の確認はここをタッチ)

 

Android

Androidで友だちをブロックする(詳細の確認はここをタッチ)

 

友だちのブロックを解除する方法

こちらはiPhone/Androidともに同じ手順です。

ブロックを解除する方法|iPhone・Android共通(詳細の確認はここをタッチ)

LINEで友だちをブロックするとどうなるの?

あなたが友だちをブロックすると、トーク(1対1)・通話・グループトークの仕様が次のようになります。

トーク 送れない
(ブロック中と表示される)
通話 発信・着信できない
(着信履歴も残らない)
グループ 通常通りやり取りできる

1対1のトークや通話はできなくなる。

けど、グループ・複数人のトークはブロックの影響を受けず、今まで通り使えます。

LINEの友だちからブロックされるとどうなるの?

反対に、あなたが友だちからブロックされるとどうなるのか?見てみましょう。

トーク 送れるけど読まれない、既読もつかない
通話 発信できるけど呼び出し音が鳴り続ける
(着信履歴も残らない
グループ 通常通りやり取りできる

こちらからトーク・通話をしても、一切応答がありません。

なので、連絡を取り合うことができません。

ただ、グループ・複数人トークは通常通り使えます。

友だちをブロックすると・されると通知は届くの?

あなたが友だちをブロックしても、相手に通知は届きません。

反対に、あなたが友だちからブロックされても通知は届きません。

なので、ブロックしても/されても、すぐにはバレません。

ブロックされているか?調べる方法

メッセージを送っても既読がつかない。

発信しても全然でてくれない。

こんな時って「ブロックされているんじゃ?」と不安になりますよね。

じゃあ、ブロックされているか?されていないか?どうやって調べればいいのか?

主な方法は3つあります。

※ただし、断定ではなく”推測する”方法です。もし3つとも該当する場合は、ブロックされている可能性が非常に高いです※

1.トークが何日経っても既読にならない

2〜3日経っても既読がつかない場合は、ブロックされている可能性があります。

だからといって1日に何十通も送るのはやめておきましょう。

「この前連絡したんだけど、届いてるかな?」という感じの内容を送って様子を見る。

で、数日経っても既読がつかなかったら…割り切りましょう。

2.発信しても一切応答がない

電話するのは気が引けるかもしれません。

でも、「どうせ出ないんだろうな…」というスタンスで電話をすれば、気も楽です。

また、発信をキャンセルすると、その表示がトークルームに現れます。

この表示にも既読がつかなかったら…

ブロックされている可能性が、さらに高まります。

3.突然、相手のタイムラインが見れなくなった

今までは相手のタイムラインの投稿を見れていた。

でも、ある日から突然見れなくなった。「まだ投稿がありません」と表示されている。

公開範囲を変更しただけかもしれませんが、突然見れなくなった〜というのがポイント。

その相手があなたのことをブロックしたかもしれません。

もしブロックされていたらどうすればいい?

LINEで連絡を取ることはできませんから、他の方法で連絡する必要があります。

TwitterやFacebook、Instagramのダイレクトメッセージを送る。

スマホのSMSを送る…などなど。

いきなり電話をするのはやめておきましょう。

「しつこい」「うざい」と思われる可能性がありますからね。

なぜブロックされたのか?もしっかり考えること

何も理由がないのにブロックされるなんてあり得ません。

相手があなたをブロックした=何かしらの原因がある、と捉えましょう。

でも、だからといって「何でブロックしたの?」「何か悪いことした?」と直接問いただしてはいけません。

しつこい、自分で考え、てと思われますからね。

相手とのやり取りや接し方を振り返って、もしかしたら…?という部分を見つけましょう。

 

ブロック中のトーク履歴はどうなるの?

あなたが相手をブロックしている場合、トークを送ることはできません。

でも、あなたが相手からブロックされている場合は、トークを送ることができます。

ただ、既読がつくことはありません。

トークルームの画面上には表示されているけど、相手には届いていない〜という状態です。

ブロックを解除するとトーク履歴は「既読」になるの?

相手があなたのブロックを解除すると、これまで通りトークのやり取りができます。

そして、相手がメッセージを読んだタイミングで、過去のトークにもすべて既読がつきます。

ブロック・非表示・削除の違いを確認

ブロックだけでなく、非表示や削除といった機能もあります。

それぞれの違いを簡単にまとめると、次のようなります。

ブロック 非表示 削除
友だちリストへの表示 非表示 非表示 非表示
トーク・通話 できない できる できない
解除(対応前に戻す) できる できる できない
友だち(相手)への通知 通知なし 通知なし 通知なし

大きく違うのは「トーク/通話」ですね。

ブロックは完全に遮断する、非表示はただ隠すだけという感じ。

でも、削除するとLINE上から相手の存在が消えます。

なので、やり取りが一切できなくなります。

あまり使う機会はないかもしれませんが…

削除する時はくれぐれも慎重に。

ブロックリストを見るためには「パスワードの解除」が必要

パートナーのLINEを覗いて、ブロックリストをみたい…

という時は、スマホやLINEのパスワードを解除する必要があります。

ただし、無断で勝手にパスワードを解除する行為は「プライバシーの侵害」に該当するおそれがあります。

また、バレてしまったら関係に亀裂が入ります。

そのことを踏まえたうえでご確認ください。

▶▶【LINEパスワード】ロックの解除方法|勝手にスマホを見るのは違法?

探偵に関する基礎情報まとめ