【浮気調査】旦那のTwitterから証拠を集める方法

SNSを使った浮気調査

【浮気調査】旦那のTwitterから証拠を集める方法

394view

このページでは、Twitterから浮気の証拠を集める方法と注意点について、詳しくまとめています。

誰でも無料で使えるSNS「Twitter(ツイッター)」

全国の利用者と気軽につながれるSNSで、その日の出来事や思ったことをひとり言のようにツイートできます。

だからこそ、思わぬところから浮気が発覚することも…。

注意!Twitterの内容だけでは浮気を立証できません

  1. Twitterで浮気相手らしきアカウントとやり取りをしている
  2. 浮気を匂わせるようなツイートをしている
  3. 他の女との2ショット写真を投稿している

 

旦那のTwitterアカウントからこのような証拠を抑えたら、今すぐにでも問い詰めたくなりませんか?

でも、Twitterから証拠を確保しただけでは、まだまだ”証拠不十分”です。

というのも、浮気を立証するためには「不貞行為の証拠」が必要だからです。

なので、Twitterで証拠を確保したからといって、すぐに問い詰めてはいけません。

さらなる証拠集めを進め、旦那が絶対に言い逃れできない証拠を確保しましょう。

【必読】浮気の証拠として使えるもの【不貞行為の証拠について】(詳細はここをタッチ)

旦那のTwitterから証拠を集める方法と流れ

  1. あなたのTwitterアカウントを開設する
  2. 旦那のTwitterアカウントを特定する
  3. 旦那のツイートをチェックする
  4. フォロワーとのやり取りをチェックする
  5. 浮気相手のアカウントを特定する

 

ここからは、旦那のTwitterから証拠を集める方法と流れを見ていきます。

Twitterアカウントの開設は簡単なのですが、旦那と浮気相手のアカウントを特定するのが面倒です。

この手間を考えると、Twitter以外のところから証拠を集めた方が効率的かもしれませんね…。
参考▶▶【旦那の不倫】自力の浮気調査が危険な3つの理由と、旦那に制裁を下すための5ステップ

1.あなたのTwitterアカウントを開設する

まずやることは「あなたのTwitterアカウントを開設する」です。

スマホがあれば簡単に開設できます。所要時間は5分〜10分くらいが目安です。

詳しい手順はこちらのページで解説されているので、参考にしてみてください。
▶▶Twitter アプリからアカウントを作成する

2.旦那のTwitterアカウントを特定する

あなたのTwitterアカウントを開設したら、次は「旦那のTwitterアカウントを特定する」手順に移ります。

ここが最初の山場です。

Twitterって匿名性が高いので、アカウントを特定するのが面倒なんです。

Facebookのように本名で登録する必要がありませんし、本人写真を設定する必要もありません。

そんな中でもTwitterアカウントを特定する方法としては…

  • 友だちを探す機能に旦那のメールアドレスを入力する
  • おすすめユーザー一覧からそれらしきアカウントを探す
  • 旦那の友人・知人から情報を聞き出す

 

といった方法があげられます。

もっとも安全なのは「メールアドレスを入力して検索すること」ですね。

スマホのアドレスやフリーアドレス(Gmail・Yahoo!メールなど)、思いつくものと片っ端から入力していきましょう。

※旦那のTwitterアカウントをフォローする時の注意点

あなたのTwitterアカウントを開設してすぐに、旦那をフォローするのはやめた方がいいです。

アカウント開設直後って、Twitterを使っている形跡がゼロの状態ですよね?

どんな人かもわからない。どんなことが好きで、どんなことに興味があるかもわからない。

もしあなたが、全く情報のないアカウントからフォローされたら…どう思いますか?

「誰?この人…怖いからブロックしておこう」

となりませんか?

なので、開設して1週間くらいは普通にTwitterを使うのが好ましいです。

そして、フォロー・フォロワー・ツイート数がある程度の数字になってから、旦那のアカウントをフォローしましょう。

3.旦那のツイートをチェックする

旦那のTwitterアカウントをフォローしたら、これまでのツイートをチェックしましょう。

チェックする部分は以下の通りです。

  • 残業や出張とウソをついていないか?
  • 浮気を匂わせるエアリプをしていないか?
  • 女との2ショット写真を投稿していないか?

※エアリプとは?
→全体に公開しているツイートだけど、内容は特定の人に向けたようなもの

4.フォロワーとのやり取りをチェックする

ツイートをチェックするのと同時に、フォロワーとのやり取りもチェックしましょう。

特定のフォロワー(アカウント)と親密にやり取りをしている場合は、それが浮気相手かもしれません。

とはいえ…

Twitter上で浮気相手と堂々とやり取りする人は少ないです。

いつ・どこで・誰が見ているか?わかりませんからね。

なので、地味な作業にはなりますが、旦那がフォローしているアカウントを1つずつ見ていく方が確実です。

もしくは、仲良くしているアカウントを解析する「ツール」を使うのも有効です。

http://mentionmapp.com/
(つながりの度合いがラインの太さで表示される)

http://ja.whotwi.com/
(利用している時間帯などが確認できる)

http://twiry.net/
(頻繁にやり取りしている相手がわかる)

5.浮気相手のアカウントを特定する

浮気相手と思われるアカウントを特定したら、そのアカウントのツイートなどをチェックしましょう。

公開アカウント(鍵がかかっていない)場合は、フォローする必要はありません。

無理にフォローすると、不審に思われる可能性もありますからね。

鍵アカウント(非公開アカウント)だった時の対処法

旦那のアカウントに「鍵」がかかっていると、ツイートなどを見ることができません。

では、もし鍵アカウントだった時はどうすればいいのか?対処法が以下の通りです。

フォロー申請を許可してくれそうなアカウントになりきる

鍵アカウントのツイートを見るためには「フォロー申請を送り、許可してもらう」必要があります。

そこで、有効な方法が「申請を許可してくれそうなアカウントになりきること」です。

例えば…

  • 旦那の趣味がマラソン→マラソンに関する情報などをツイートする
  • 旦那がお酒好き→お酒やおつまみに関する情報をツイートする
  • 旦那が車好き→ドライブに行ったとか、車をいじったなどの内容をツイートする

 

このような感じです。

面倒なことですが、丁寧にやればやるほど効果がでます。

Twitterで集めたい証拠の種類について

  • 浮気相手と会っている曜日や時間帯がわかるようなツイート
  • 浮気相手らしき女と写っている写真
  • 浮気相手と行っている場所(レストラン、居酒屋、観光地など)

 

Twitterで集めたい証拠としては、このようなものがあります。

証拠というよりは「浮気を決定付ける情報」や「浮気調査を進めるための情報」という意味合いが強いですね。

ページ冒頭でも解説しましたが、Twitterの内容だけでは浮気を立証することができません。

「どこからどう見ても浮気だ!」と思えるような内容でも、証拠としては不十分です。

なので、Twitterは情報収集のためのツールとして使うのが一番です。

そして、他の方法を使って「不貞行為の証拠」を集めることで、旦那・浮気相手に対して制裁を下すことができます。
参考▶▶【旦那の不倫】自力の浮気調査が危険な3つの理由と、旦那に制裁を下すための5ステップ

Twitterで浮気の証拠を確保した後にやること

Twitterで証拠(浮気に関する情報)を確保したら、それをもとにして「さらなる証拠集め」に移りましょう。

Twitterで得た証拠だけで旦那に問い詰めても、そう簡単に浮気を認めません。

逆ギレする、罵倒してくるなど、厄介なことになる可能性が高いです。

じゃあ、どうやって「さらなる証拠」を集めればいいのか?というと、方法は2つあります。

1.自力でなんとかして証拠を集める

2.浮気調査のプロである探偵に依頼する

 

失敗せず確実に証拠をつかむなら「探偵に依頼」した方がいいです。

その理由をこちらのページでまとめています。
▶▶【旦那の不倫】自力の浮気調査が危険な3つの理由と、旦那に制裁を下すための5ステップ

探偵に関する基礎情報まとめ