※旦那の浮気が発覚した!今すぐ制裁を与えたいけど…

✅私が子育てをしている間に浮気...
✅他の女に触れた手で子どもにも触れていたなんて...
✅私一人が苦しむなんて辛すぎる

旦那に対して制裁を下したいならこちらのページをチェックです。
(詳しくは下の青文字をタッチ)


【浮気調査を探偵に依頼】料金はいくら?費用の相場をチェック

探偵に浮気相手を依頼したいけど、一体いくらかかるのか?

また、一般的にはどれくらいの費用がかかるのか?相場を知りたい!

という方のために、費用の詳細をまとめました。

ぼったくり被害にあわないためにも、事前に相場の料金を把握しておきましょう。

このページでまとめていること

■確実な浮気の証拠が欲しい方へ■
旦那に証拠を突きつけて制裁を下したい!

でも、スマホのデータやLINEのやり取りなどは、浮気の証拠になりません。

じゃあ、どんな証拠をどうやって集めればいいのか??

解決策がこちらです。
▶▶スマホを見る必要なし!確実な浮気の証拠を手にする方法とは?

浮気調査の費用の相場について|10万円〜50万円以上になることも

探偵事務所によって調査料金(時給)が異なるので、浮気調査の費用もピンきりです。

また、調査の難易度によって調査時間も左右されます。

なので、一概に「いくらです」と断言することが難しいんですよね。

参考資料として、原一探偵事務所が作成した料金比較表をご覧ください。

引用元>>https://www.haraichi.co.jp/price/price.php

たった1日の浮気調査でも、費用は10万超え。

これが5日間になると50万円。1週間になると70万円。

自分で払うのはかなり大変ですが・・・

旦那と浮気相手から慰謝料を払ってもらえば、それで十分にカバーできる額です。

悪いことをしたのは旦那と浮気相手なんですからね。

あなたの懐を痛める必要はありません。

旦那と浮気相手にお灸を据えるという意味合いで、しっかり慰謝料を払ってもらいましょう。

▶▶浮気調査のプロに頼んで、旦那と浮気相手から慰謝料を払ってもらう!

本当にそんなに高いの!?ぼったくりじゃないの!?!?

・・・と思いますよね。

例えば、アルバイトやパートの時給って、だいたい1,000円くらいですよね。よくても1,500円とか。

でも、探偵の場合はこれ以上に高額。

ですから、ぼったくりなんじゃ!?とか、ウソでしょ!?と思っちゃうんですよね。

参考資料として、一般社団法人「東京都調査業協会」が行ったアンケートを見てみましょう。

ここをタッチするとアンケート結果が開きます

アンケート結果を簡単にまとめると・・・

  • 調査員1人あたりの時給相場は5,000円〜7,000円前後(諸経費別で
  • 諸経費込みになると10,000円前後になる
  • ただし、調査料金は探偵事務所によって大きくことなる

このようになります。

「諸経費」に含まれる項目|車両代、機材代金など

探偵事務所によって「諸経費込み」の料金を提示しているところ、「諸経費別」の料金を提示しているところがあります。

じゃあ、諸経費に含まれる項目って何なの?と、気になりますよね。

諸経費として含まれるものには、主に下記の項目があります。

  • 車両代
  • ガソリン代
  • 交通費(高速道路、駐車場料金など)
  • 機材代(カメラ、フィルムなど)
  • 調査報告書作成費

※上記以外の項目が諸経費になっている場合もあります

探偵事務所に見積りを依頼した時は、必ず「諸経費込みか?諸経費別か?」をご確認ください。

浮気調査の料金体系は主に3つ|時給型・パック型・成功報酬型

それぞれの料金体系を簡単にまとめると、下記の表のようになります。

【料金体系ごとの特徴】

料金体系 特徴
時間料金型 1時間あたり◯円〜 最もオーソドックス
パック料金型 15時間で20万円など 持ち時間を割り当てられる
成功報酬型 着手金+成功報酬+諸経費 成功した時のみ料金を支払う
(着手金は発生する)
完全成功報酬型 成功報酬+諸経費 成功した時のみ料金を支払う
(着手金なし))

【料金体系ごとのメリット・デメリット】

メリット デメリット
時間料金型 最もわかりやすい料金体系 調査時間が長くなると高額になる
パック料金型 自由度が高く長期戦向け 未消化分は返金されない
成功報酬型 失敗したら料金が発生しない 成功・失敗の定義が曖昧
完全成功報酬型 手数料なしの成功報酬型 成功・失敗の定義が曖昧

【このような方はこの料金体系がおすすめ】

適している方
時間料金型 現在の情報量(証拠)が多く、
なおかつ安く短期間で済ませたい
パック料金型 現在の情報量(証拠)が少なく、
長期戦になるかもしれない
成功報酬型 現在の情報量(証拠)が多く、
あと必要なのは確実な証拠だけ
完全成功報酬型 手数料なしで”成功報酬型”料金の
探偵に依頼したい

時給料金型について|浮気調査は原則「時給」で計算される

探偵が行う浮気調査は「時給(時間給)」で計算されます。

1日いくら、という形ではないんです。

じゃあ、平均的にはいくらくらいなの?って話ですよね。

正直、探偵の調査料金は高額です。

探偵事務所によってまちまちですが、調査員1人あたりの時給は「7,000円〜10,000円」くらい。
※諸経費込みの時給

また、浮気調査は複数人のグループで行うことが原則です。

目安はだいたい3人〜4人。

なので、1時間あたりの調査料金(諸経費込み)は下記のようになります。

3人の場合 7,000円×3人=21,000円
10,000円×3人=30,000円
4人の場合 7,000円×4人=28,000円
10,000円×4人=40,000円

1時間でこの料金です。

10時間の調査の場合はこの10倍、20時間の調査ならこの20倍となります。

パック型料金について

パック型料金プランは「定額制プラン」とも呼ばれています。

探偵事務所によって料金体系などは異なりますが、基本的な内容が下記のようになっています。

プラン名 調査時間 料金 調査期間の目安
プランA 15時間 20万円 1週間〜3週間
プランB 30時間 35万円 2週間〜1ヶ月
プランC 60時間 60万円 1ヶ月〜2ヶ月

※1日あたりの最低調査時間が3時間〜5時間と定められていることが多い

プランによって調査時間(持ち時間)が決まっていて、こちらの好きなように配分することができます。

例えば、プランAを契約した場合は、下記のように配分することができます。

  • 月曜日:3時間
  • 火曜日:3時間
  • 水曜日:4時間
  • 火曜日:5時間

上述したように、1日の最低調査時間が3〜5時間と定められていることが多いため、毎日1時間ずつ調査〜という配分はできません。

ただ、調査時間(持ち時間)が多くなると、その分お得感が増します。

例えば、上記のプランで、1時間あたりの料金を計算してみると・・・

  • 15時間20万円の場合→1時間あたり約13,333円
  • 30時間35万円の場合→1時間あたり約11,666円
  • 60時間60万円の場合→1時間あたり10,000円

となります。

パック型料金を契約する時は、1時間あたりの料金を計算してみるといいですよ。

パック型料金のメリット

  • 自由度が高い
  • 1週間〜の調査に適している
  • 持ち時間が多くなると割安になる

パック型料金プランの最大のメリットは「自由度が高い」という点です。

持ち時間を自由に配分できるので、浮気相手と会う日が特定できていない時などは助かります。

パック型料金のデメリット

  • 短時間で調査が完了した場合、損する可能性がある
  • 最低調査時間が決まっているなど、制約がある

1週間〜以上の調査には適しているパック型料金プランですが、デメリットもあります。

最大のデメリットは「未消化時間ができる可能性がある」ということ。

2〜3日で証拠を確保できたけど、まだ10時間分余っている、となる可能性があるんです。

未消化分を返金してくれる事務所もありますが・・・数は多くありません。

パック型料金で依頼する前に確認すること

もしパック型料金で依頼する時は、必ず下記のことを確認してください。

  • 浮気調査は何人で行うのか?
  • 料金は諸経費込みなのか?別なのか?
  • 1日の最低調査時間は?
  • 持ち時間に有効期限はあるか?
  • 未消化分の返金はしてくれるか?(ないところが多い)
  • 延長した時の料金はいくらか?

パック型料金が適している方はこんな方

「現時点では浮気の確証・証拠がない。けど、おそらく浮気しているはずだ・・・」

「浮気相手といつ会っているか?推測できない。長期戦になりそうな気がする。」

もしかしたら・たぶんなど、浮気が推測の範囲だ〜という方には、パック型料金プランが適しています。

証拠を確保するのに時間がかかりそうだという方は、パック型料金プランを検討してみてください。

▶▶パック型料金を採用している探偵事務所を教えてもらう

成功報酬型料金について

成功報酬型プランとは、調査に成功した時に料金を支払う、というプランです。

そのため、調査に失敗した場合は、料金を支払う必要がありません。

ただし、注意が必要です。

探偵事務所によっては「成功報酬型」と「”完全”成功報酬型」の2種類に分かれているからです。

どちらも成功報酬型プランではありますが、料金体系が異なります。

成功報酬型の料金体系とは?

成功報酬型の料金体系は、主に下記のようになっています。

  • 着手金成功報酬+諸経費

成功・失敗に関わらず、正式に依頼した時点で「着手金」が発生します。

そして、調査に成功した場合は成功報酬と諸経費が発生。

失敗した場合は、着手金以外の費用が一切発生しません。

完全成功報酬型の料金体系とは?

”完全”成功報酬型の料金体系は、主に下記のようになっています。

  • 成功報酬+諸経費

成功報酬型とは異なり、着手金すら支払う必要がありません。

また、調査に失敗した場合も、料金を支払う必要が一切ありません。

調査に成功した場合のみ、成功報酬と諸経費を支払います。

成功報酬型と完全成功報酬型の違いについて

成功報酬型と完全成功報酬型の大きな違いは「着手金があるか・ないか」です。

着手金の料金は探偵事務所によりけりですが、相場は5万円〜10万円くらい。

着手金が発生することを考えると、完全成功報酬型の方がよさそうに思えますが・・・

成功報酬・完全成功報酬型ともに”落とし穴 ”があるんです。

成功報酬型・完全成功報酬型の落とし穴とは?

成功報酬型・完全成功報酬型の落とし穴とは、「成功・失敗の定義が曖昧」ということです。

こちらからすれば、成功・失敗の定義は、

  • 成功=浮気の証拠を確保すること
  • 失敗=浮気の証拠を確保できなかったこと

と思いますよね?

ですが、下記のように言い換えることもできるんです。

  • 成功=調査対象者にバレずに調査を終えること
  • 失敗=調査対象者にバレてしまった

一切証拠を確保できなかったとしても、調査対象者にバレずに調査を終えれば「成功」となるんです。

つまり、証拠がないのに料金を支払うことになる・・・ということです。

ですから、成功報酬型・完全成功報酬型だからといって、安心するのは禁物です。

成功報酬型プランで契約する前に確認すること

成功報酬型・完全成功報酬型プランで契約する前には、必ず下記の点を確認してください。

  • 成功・失敗の定義はどうなっているのか?
  • 各定義が契約書に記載されているか?
  • 調査期間はどれくらいか?
  • 見積りはいくらくらいになるか?
  • 調査経過を途中で教えてもらえるか?
  • 調査報告書は見せてくれるのか?

上記を尋ねた時に「それはちょっと・・・」と解答に詰まる様子があったら、疑った方がいいです。

成功報酬型・完全成功報酬型だからといって安心せずに、他の探偵にも相談してみましょう。

成功報酬型のメリット

【メリット】
・失敗した場合は料金を支払う必要がない
・浮気の確証がある場合は適している料金プラン

最大のメリットは「失敗した場合は料金を支払う必要がない」という点。

万が一証拠が見つからなかった時は、料金を支払う必要がありません。

また、浮気の確証がある場合も、成功報酬型は適しています。

証拠を確保するまで調査してくれますから、確実に浮気の証拠を確保できます。

成功報酬型のデメリット

【デメリット】
・成功報酬型の場合、5万円〜10万円の着手金が発生する
・成功と失敗の定義が曖昧でトラブルが発生しやすい

”完全”ではなく、通常の成功報酬型の場合、着手金が発生する場合が多いです。

また、どこからが成功・どこからが失敗という定義も曖昧です。

なので、依頼前に必ず線引を確認しておきましょう。

成功報酬型が適しているのはこんな方

「浮気をしているのは間違いない!会う日もだいたい推測できている」

「あと必要なのは決定的な証拠だけ!けど、自分で確保するのはムリだ…」

このように、確信を得ていて後は証拠だけ、という方には成功報酬型が適しています。

ただし、成功・失敗の定義が曖昧なので、依頼時には注意が必要です。

▶▶成功報酬型料金を採用している探偵事務所を教えてもらう

結局、どの料金体系がいいの?

どの料金体系がいいのかは、現在の状況(情報量)によります。

【パック型料金が適している方】
→浮気の確証がない/たぶん浮気している/いつ会っているか推測できないなど、現在の情報量が少ない方

【成功報酬型料金が適している方】
→浮気の確信を得ている/浮気する日をある程度特定できている/あと必要なのは決定的な証拠など、現在の情報量が多い方

【時間料金型が適している方】
→成功報酬型はなんだか信用できない/なるべく安く済ませたい/短期間で済ませたいなど、現在の情報量が多くなおかつ安く・短期間で済ませたい方

▶▶私に適している料金体系はどれ?浮気調査のプロに相談して教えてもらう

必見!浮気調査の料金を格安に抑える5つのコツ

調査費用を格安にするコツが下記の5つです。

  • 複数社(2〜3社)から見積りを取る
  • 優良な探偵事務所に調査を依頼する
  • できる範囲で浮気の証拠を集めておく
  • 行動記録をメモ帳や日記に残しておく
  • 細かな情報までできる限り伝える

それぞれの詳細を見ていきましょう。

■確実な浮気の証拠が欲しい方へ■
旦那に証拠を突きつけて制裁を下したい!

でも、スマホのデータやLINEのやり取りなどは、浮気の証拠になりません。

じゃあ、どんな証拠をどうやって集めればいいのか??

解決策がこちらです。
▶▶スマホを見る必要なし!確実な浮気の証拠を手にする方法とは?

複数社(2〜3社)から見積りを取る

見積りは必ず複数社(2〜3社)からもらいます。

浮気調査の費用は探偵事務所によって大きく異なります。

1社から見積りをもらっただけでは、それが適正料金なのか?判断することが難しいです。

複数社から見積りをもらうことで、料金の相場が把握できますし、ぼったくり被害にあうリスクもなくせます。

優良な探偵事務所に調査を依頼する

優良な探偵事務所を見分けるコツは、下記の5つです。

  1. ホームページに浮気調査の実績を掲載している
  2. 実例(依頼者の声、依頼内容など)を掲載している
  3. 調査料金がしっかり記載されている
  4. 探偵業届出がされている
  5. 事業所所在地や代表者、スタッフなどが掲載されている

この5つの項目を満たしていれば、優良な探偵事務所と捉えてOKです。

あとは、相談員との相性ですね。

相談した時に「この人はちょっと・・・」と思ったら、他の探偵事務所に相談するのもありです。

料金の安さを重視するのはもちろんですが、どれだけ親身に話を聞いてくれるか?も重要なポイントです。

正直、探偵事務所の中には”悪徳”なところもあります。

なので、相談してすぐ契約するのはNGです。

例えば、下記のような話をしてきたら、絶対に契約してはいけません。

  • 今すぐ調査しましょう!と契約を急かしてくる
  • 予算や年収はいくらですか?と金銭面をしつこく聞いてくる
  • 相談をちゃんと聞いてくれない、相性が会わない

できる範囲で浮気の証拠を集めておく

証拠があるとないとでは、調査の難易度が異なります。

とはいえ、ムリをしてまで証拠を確保する必要はありません。

「たぶん浮気しているはず」とか「最近、なんだか旦那の様子がおかしい」くらいで問題ありません。

ただ、これに加えて【できる範囲での証拠集め】をしておくと、なおよしです。

  • 毎日の出勤・帰宅時間をメモしておく
  • 残業や飲み会、出張があった日をメモしておく
  • 1ヶ月〜くらい続けるとパターンが読めてくる
  • レシートや領収書があったらスマホのカメラで撮影しておく
  • クレカの明細に怪しいお金の流れはないか確認する 等々

行動記録をメモ帳や日記に残しておく

上記にも記載していますが、旦那の行動記録を残しておくことは、調査の時に重要な参考資料になります。

今すぐに効果を発揮するものではないものの、地道にコツコツ記録し続けることで、浮気相手と会う日や時間帯を推測できます。

そうすれば、ピンポイントで調査ができますから、調査費用も安く抑えることができます。

細かな情報までできる限り伝える

多くの情報を提供する=それだけ調査しやすくなります。

最低限、提供したい情報が次の通り。

  • 名前
  • 顔写真
  • 身長
  • 体型
  • 勤務先
  • 服装(通勤中/普段着)
  • 車(車種/色/ナンバー)

 

これに加えて、さらに細かい情報を提供できると、より調査しやすくなります。

  • 通勤・帰宅経路
  • 通勤・帰宅する時によるお店・場所
  • よく行くお店(飲食店/スーパー/コンビニ/パチンコ店/ジム等)

ただし、注意点があります。

細かい情報を得ようとし過ぎると警戒されてしまう」という点です。

ですから、強引に情報を聞き出すのはNG。

普段の会話や行動などをチェックしておき、さりげなく記録しておきましょう。

あなたの懐を傷めずに浮気調査の費用を賄う方法

上記で紹介した5つのコツで、調査料金を安く抑えることができます。

が・・・

悪いのは浮気をした旦那とその相手なのに、なんで私がお金を出さなきゃなの!?って話ですよね。

でも、旦那と浮気相手から慰謝料をもらえばいいんです。

そうすれば、調査の費用を十分にまかなえます。おつりもくるでしょう。

慰謝料の相場は「50万円〜300万円」くらい

慰謝料は青天井で請求することができますが、相場は「50万円〜300万円」くらいです。

婚姻関係を継続する場合 50万円〜100万円
別居に至った場合 100万円〜200万円
離婚に至った場合 200万円〜300万円

ただ、これはあくまでも目安にすぎません。

婚姻期間や子どもの有無、旦那・浮気相手の収入や社会的地位などの要素によっては、さらに高額になる可能性もあります。

慰謝料がさらに高額になる要素の例(ここをタッチすると詳細が開きます)

慰謝料を払ってもらうには「証拠」が必要不可欠

「浮気してるでしょ!慰謝料よこしなさいよ!」と投げかけることはできますが・・・

証拠がなければ支払ってもらえません。

また、証拠も「確実に浮気していることが分かるもの」でないといけません。

LINEやメールのやり取り、ラブホテルの領収書、目撃情報などだけでは、まだまだ弱いです。

では、どんな証拠が必要か?というと「不貞行為の証拠」や「探偵の調査報告書」です。
※不貞行為とは「配偶者以外の異性と性行為をすること」

【必読】浮気の証拠として使えるもの【不貞行為の証拠について】(詳細はここをタッチ)

不貞行為の証拠を確実につかむなら「探偵」に依頼

不貞行為の証拠を自力でつかむのは、ほぼ不可能です。

尾行・張り込み・撮影をすべて自力でするなんて・・・ムリですよね。

失敗するリスクの方が大きいです。

となると、頼れるのは浮気調査のプロ「探偵」です。

とはいえ、どこの探偵に依頼すればいいのか?安くで腕のいい探偵はどこなのか?探すのは大変です。

そんな時に助けてくれるのが「探偵さがしのタントくん」です。

タントくんは、あなたに最適な探偵を紹介してくれる”マッチングサービス”です。

提携している探偵事務所は15社。

その中から、あなたにピッタリの探偵を教えてくれます。

利用はもちろん無料。

メール・電話での相談も無料となっており、匿名での相談にも対応しています。

タントくんに協力してもらい、旦那と浮気相手をギャフン!と言わせましょう。


 
フリーダイヤル相談・通話無料
0120-708-034
 
  • ✅私が子育てに奮闘している間、楽しく浮気...
  • ✅他の女に触れた手で子どもに触れていたなんて...
  • ✅頭では分かっているけど、気持ちがついてこない


...旦那の浮気が発覚すると、目の前が真っ暗になりませんか?

そして、色々な感情が湧き出てきます。

離婚した方がいいのかな...?とも考えますが、子どものことを考えると、そう簡単に離婚なんてできませんよね。

今が一番ツラい状況だと思います。

でも...悩みなく、ストレスなく過ごすためには「今、目の前にある問題」を解決しなきゃいけません。

そこで頼りになるのが、浮気問題のプロである探偵です。

探偵に協力してもらうメリットは3つ!

  1. 言い逃れできない証拠を確保し、旦那に突きつけることができる
  2. 復縁する・離婚する。あたたの望むゴールへと一緒に導いてくれる。
  3. どうすればいいか分からない時の相談役になってくれる。


一人で悩みながら闘うより、二人三脚で迷わず進む方が、気持ち的にも安心できます。

いきなり依頼する必要はありません。

まずは相談からスタートしましょう。
(匿名で何時間でも相談できます)


【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

フリーダイヤル相談・通話無料
0120-708-034
 

ピックアップ特集一覧

※それぞれのイラストをタッチすると詳細をチェックできます。
■確実な浮気の証拠が欲しい方へ■

旦那に証拠を突きつけて制裁を下したい!

でも、スマホのデータやLINEのやり取りなどは、浮気の証拠になりません。

じゃあ、どんな証拠をどうやって集めればいいのか??

解決策がこちらです。

▶▶スマホを見る必要なし!確実な浮気の証拠を手にする唯一の方法とは?