【CHECK】自分でやってやいけない浮気調査とは?

浮気を認めさせるには証拠が必要です。
しかし、証拠を集めるためとはいえ、やってはいけない浮気調査 があります。
詳しくはこちらのページでご確認ください。
▶▶浮気が発覚!絶対に必要な証拠とは?やってはいけない自力での浮気調査とは?

【探偵】浮気調査の料金はいくら?1日・1週間・1ヶ月の場合

探偵に浮気調査を依頼すると料金はいくらかかるのか?

期間別の相場(1日・1週間・1ヶ月の場合)をまとめてみました。

正直、浮気調査の料金はかなり高額です。

10万円〜50万円以上することもあります。

「できるだけ安く済ませたい!」
「私は被害者なんだから、1円もお金を出したくない!」

料金を安くする方法や、懐を傷めずに依頼する方法なども確認していきましょう。

ムカつく!ぜったい許せない!!ギャフンと言わせたい!!!

言い逃れできない証拠を突きつけ、とにかく旦那をこらしめたい!

だからといって、あなた1人で突き進むのはキケンです

もし旦那にバレてしまったら...一気に形勢が逆転して、あなたが悪者扱いされる可能性が。

✅今すぐ確実な証拠が欲しい!
✅溜め込んでいる悩みを吐き出したい!
✅旦那と浮気相手に制裁を与えて反省させたい!


そんな時は「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

無料で何度でも相談できるサービスで、今のあなたに最適な解決方法を提案してくれます。

24時間365日、【完全匿名】で相談できます。

今すぐ浮気問題のプロに相談し、協力して旦那をギャフンと言わせましょう!

▶▶探偵さがしのタントくんへの無料相談はこちらをタッチ

あなたの悩み・状況に最適な探偵を15社の中から紹介
✅納得できるまで何度でも無料で相談OK(電話・メール)
✅地方でも対応!面談は日本全国どこでも対応

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/

探偵に浮気調査を依頼すると費用はいくらかかる?1日・3日・5日・1週間・1ヶ月の場合

次に、浮気調査の費用(期間別)を見ていきます。

見ていく期間は、1日・3日・5日・1週間・1ヶ月の5パターンです。

ただし、注意点があります。

【探偵事務所によって、調査員の人数・時給が異なる】ため、あくまでも目安の料金になります。

詳しい料金は、探偵事務所に「見積り」をもらってご確認ください。

相談・見積りは無料としている事務所が多いので、ご安心ください。

調査員1人あたりの費用相場について|目安は5,000円〜10,000円

調査員1人あたりの時給は「5,000円〜10,000円」と、相場にかなり開きがあります。
(調査員の時給や相場について、詳細は後述しております)

ここからは、調査員の人数と時給を次の数値に設定して、期間別の費用相場を見ていきます。

  • 調査員2人→時給15,000円
    (1人7,500円×2人)
  • 調査員3人→時給20,000円
    (1人7,000円弱×3人)
  • 調査員4人→時給25,000円前後
    (1人約6,000円×4人)

調査期間「1日」

1日の調査時間が5時間の場合と、8時間の場合の2パターンを見てみましょう。

調査員の人数 1時間あたりの調査時間
(諸経費込み)
調査時間別の料金
(5時間・8時間の場合)
2人 15,000円前後 5時間→75,000円
8時間→120,000円
3人 20,000円前後 5時間→100,000円
8時間→160,000円
4人 25,000円前後 5時間→125,000円
8時間→200,000円

探偵事務所の設定料金や調査員の人数、調査時間によりますが、1日だけの調査でも「10万円ちかく」の費用が発生します。

なかなかの大金ですが、旦那と浮気相手から慰謝料を払ってもらえば、十分に賄える金額です。

調査期間「3日」

3日間での調査時間を、下記の3パターンに分けてみます。

  • 9時間(1日3時間×3日間)
  • 15時間(1日5時間×3日間)
  • 24時間(1日8時間×3日間)
調査員の人数 1時間あたりの調査時間
(諸経費込み)
調査時間別の料金
2人 15,000円前後 9時間→135,000円
15時間→225,000円
24時間→360,000円
3人 20,000円前後 9時間→180,000円
15時間→300,000円
24時間→480,000円
4人 25,000円前後 9時間→225,000円
15時間→375,000円
24時間→600,000円

探偵事務所の設定料金や調査員の人数、調査時間によりますが、20万円〜30万円ほどが目安になります。

調査期間「5日」

5日間での調査時間を、下記3パターンに分けてみます。

  • 10時間(1日2時間×5日間)
  • 20時間(1日4時間×5日間)
  • 30時間(1日6時間×5日間)
調査員の人数 1時間あたりの調査時間
(諸経費込み)
調査時間別の料金
2人 15,000円前後 10時間→150,000円
20時間→300,000円
30時間→450,000円
3人 20,000円前後 10時間→200,000円
20時間→400,000円
30時間→600,000円
4人 25,000円前後 10時間→250,000円
20時間→500,000円
30時間→750,000円

探偵事務所の設定料金や調査員の人数、調査時間によりますが、30万円〜40万円ほどが目安になります。

調査期間「1週間」

1週間の調査時間を、下記3つのパターンに分けて見てみます。

  • 21時間(1日3時間×7日)
  • 35時間(1日5時間×7日間)
  • 56時間(1日8時間×7日間)
調査員の人数 1時間あたりの調査時間
(諸経費込み)
調査時間別の料金
2人 15,000円前後 21時間→315,000円
35時間→525,000円
56時間→840,000円
3人 20,000円前後 21時間→420,000円
35時間→700,000円
56時間→1,120,000円
4人 25,000円前後 21時間→525,000円
35時間→875,000円
56時間→1,400,000円

かなり高額な費用ですが、1日の調査時間が1〜2時間程度で終わる時もあります。

また、1週間まるまるの調査ではなく、4日〜5日の調査で完了する可能性もあります。

そうなると、上記の表よりも料金はかなり安くなります。

調査期間「1ヶ月」

1ヶ月の調査時間が60時間(1日平均2時間×30日)の場合、90時間(1日平均3時間)の場合、120時間(1日平均4時間)の場合の料金を見てみましょう。

調査員の人数 1時間あたりの調査時間
(諸経費込み)
調査時間別の料金
2人 15,000円前後 60時間→90万円
90時間→135万円
120時間→180万円
3人 20,000円前後 60時間→120万円
90時間→180万円
120時間→240時間
4人 25,000円前後 60時間→150万円
90時間→225万円
120時間→300万円

1ヶ月間毎日つきっきりで調査することは、そうそうありません。

例えば、仕事の時は終業〜帰宅までの時間だけ調査する。(1時間〜2時間など)

残業や飲み会があれば、その分長く調査する(3〜4時間など)

休日、1人で出かけるようであれば、1日中つきっきりで調査する(8時間〜12時間など)

このように、日によって調査時間にバラつきが生じます。

また、さすがに100万オーバーの料金を出してまで浮気調査をすることはありません。

あくまでも”参考程度”として見ておきましょう。

▶▶安くて調査力の高い探偵事務所はどこ?専門家に相談して教えてもらう

探偵が行う浮気調査について|時給で計算されることが多いです

探偵が行う浮気調査って「時給(時間給)」で計算されているんです。

事務所によっては1日◯円という料金体系を打ち出していますが、一般的には時給で計算されることが多いです。

そのため、調査時間が長ければ長いほど、費用が高額になってしまいます。

浮気相手と会う日を特定できている、ある程度推測できている場合は、安く抑えることができますが・・・

ただ怪しいだけで証拠がない(少ない)場合は、長期戦になってしまい費用も高くついてしまいます。

そんな時は、探偵事務所が採用している「料金体系」にも注目。

長期戦になりそうな場合は、パック料金型(定期料金型)を採用している事務所がおすすめ。

反対に、短期間で決着が着きそう、ピンポイントで調査を依頼したい場合は、時間料金型や成功報酬型を採用している事務所がおすすめです。

料金体系と特徴について(詳細はここをタッチ)

時給には「人件費」と「諸経費」が含まれています

次に、調査料金について詳しく見ていきます。

時給(時間給)には、人件費と諸経費が含まれています。

人件費について

人件費=調査員を動かすために必要な費用です。

探偵事務所によって大きく開きがあり、人件費の相場は「1人あたり5,000円〜10,000円」ほどです。

かなり高額ですよね…。

アルバイトやパートの時給が1,000円〜1,500円くらいですから、これと比べると度肝を抜かれます。

とはいえ、探偵って専門的な知識や技術を必要とする職業ですからね。

誰もが簡単になれる職業ではありません。

また、依頼者の人生を左右する調査をするわけですから、強い責任感・正義感も必要です。

その分、費用が高額になっているという形ですね。

諸経費について

諸経費に含まれる項目には、次のようなものがあります。

  • 車両代(追跡に使う)
  • ガソリン代(車のガソリン用)
  • 機材代(撮影用のカメラ、フィルムなど)
  • 交通費(高速道路、駐車場代など)
  • 報告書作成費(調査結果の報告書)

調査に必要な道具のために使う「お金」ということですね。

※調査報告書って何?と思ったら、下の+ボタンをタッチすると詳細をチェックできます。

調査報告書の中身を実際に見てみる(詳細はここをタッチ)
▶▶探偵に依頼して「調査報告書」をつくってもらう!!

時給の相場は1.5万円〜2万円(調査員が2人の場合)

先ほど、人件費の相場は「1人あたり5,000円〜10,000円」とご紹介しました。

が、本当なの?高すぎじゃない?と思ったかもしれません。

ということで、参考資料としてこちらをご覧ください。

【一般社団法人「東京都調査業協会」が行ったアンケート結果】

ここをタッチするとアンケート結果が開きます

アンケート結果を簡単にまとめると・・・

  • 調査員1人あたりの時給相場は5,000円〜7,000円前後(諸経費別で
  • 諸経費込みになると10,000円前後になる
  • ただし、調査料金は探偵事務所によって大きくことなる

このようになります。

現実的に考えると、浮気調査の費用の相場は「10万円〜50万円」くらい

調査費用や調査時間(期間)によって料金が異なるので、一概には言えませんが・・・

おおよその相場としては「10万円〜50万円くらい」を見ておくといいでしょう。

ただ、探偵事務所によっては「パック型」や「成功報酬型」などの料金体系を採用しています。

現在の状況(証拠の有無/証拠の量など)によって、最適な料金体系が異なってきます。

「今の私なら、どの料金体系がぴったりなのか・・・?」

1人で考えるのが不安な時は、探偵さがしのタントくんにご相談ください。

プロの相談員が中立的な立場から、あなたにピッタリの料金体系・探偵社を紹介してくれますよ。

▶▶探偵さがしのタントくんへの無料相談はこちらをタッチ

あなたの悩み・状況に最適な探偵を15社の中から紹介
✅納得できるまで何度でも無料で相談OK(電話・メール)
✅地方でも対応!面談は日本全国どこでも対応

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/

探偵事務所によって料金体系が異なる|主なパターン3つ

探偵事務所が採用している料金体系には、主に下記の3パターンがあります。

  • 時間料金型
  • パック料金型
  • 成功報酬型

それぞれの特徴やメリット、デメリットを簡単にまとめた表がこちらになります。

【料金体系ごとの特徴】

料金体系 特徴
時間料金型 1時間あたり◯円〜 最もオーソドックス
パック料金型 15時間で20万円など 持ち時間を割り当てられる
成功報酬型 着手金+成功報酬+諸経費 成功した時のみ料金を支払う
(着手金は発生する)
完全成功報酬型 成功報酬+諸経費 成功した時のみ料金を支払う
(着手金なし))

【料金体系ごとのメリット・デメリット】

メリット デメリット
時間料金型 最もわかりやすい料金体系 調査時間が長くなると高額になる
パック料金型 自由度が高く長期戦向け 未消化分は返金されない
成功報酬型 失敗したら料金が発生しない 成功・失敗の定義が曖昧
完全成功報酬型 手数料なしの成功報酬型 成功・失敗の定義が曖昧

【このような方はこの料金体系がおすすめ】

適している方
時間料金型 現在の情報量(証拠)が多く、
なおかつ安く短期間で済ませたい
パック料金型 現在の情報量(証拠)が少なく、
長期戦になるかもしれない
成功報酬型 現在の情報量(証拠)が多く、
あと必要なのは確実な証拠だけ
完全成功報酬型 手数料なしで”成功報酬型”料金の
探偵に依頼したい

▶▶今のわたしに適している料金体系は?専門家に相談して教えてもらう

次に、各料金体系の詳細を見ていきます。

時間料金型

最も一般的な料金体系で、多くの探偵事務所が採用しています。

事務所によって料金は異なるものの、1時間◯円という形になっています。

ただ、わかりやすいというメリットがある反面、調査時間が長くなると料金も高くなるデメリットがあります。

また、場合によっては追加料金(調査時間延長・諸経費など)が発生することも。

時間料金型の事務所で見積りをもらった時は、追加料金の有無を必ず確認しましょう。

パック料金型

定額制料金」とも呼ばれており、手持ちの調査時間を好きな形で分配することができます。

例えば、次のパック型があるとします。

プラン名 調査時間 料金 調査期間の目安
プランA 15時間 20万円 1週間〜3週間
プランB 30時間 35万円 2週間〜1ヶ月
プランC 60時間 60万円 1ヶ月〜2ヶ月

※1日あたりの最低調査時間が3時間〜5時間と定められていることが多い

プランAを契約した場合は、下記のように配分することができます。

  • 月曜日:3時間
  • 火曜日:3時間
  • 水曜日:4時間
  • 火曜日:5時間

上述したように、1日の最低調査時間が3〜5時間と定められていることが多いため、毎日1時間ずつ調査〜という配分はできません。

ただ、調査時間(持ち時間)が多くなると、その分お得感が増します。

例えば、上記のプランで、1時間あたりの料金を計算してみると・・・

  • 15時間20万円の場合→1時間あたり約13,333円
  • 30時間35万円の場合→1時間あたり約11,666円
  • 60時間60万円の場合→1時間あたり10,000円

となります。

パック型料金を契約する時は、1時間あたりの料金を計算してみるといいですよ。

成功報酬/完全成功報酬型

成功報酬型は「着手金+調査成功時に料金を支払う」という形。

完全成功報酬は、着手金なしで「調査成功時のみ料金を支払う」という形です。

一見するとリスクがなさそうに思えますが、そうではありません。

というのも、成功の定義が曖昧なんですよね。

私たちからすれば「成功=浮気の証拠を確保すること」ですが・・・

探偵事務所からすれば「成功=バレずに調査を終了すること」です。

なので、証拠が何一つ確保できなかった場合でも、成功になってしまう可能性があるんです。

もし、成功報酬型(完全成功報酬型)の事務所に依頼する時は、必ず下記の点をご確認ください。

  • 成功・失敗の定義はどうなっているのか?
  • 各定義が契約書に記載されているか?
  • 調査期間はどれくらいか?
  • 見積りはいくらくらいになるか?
  • 調査経過を途中で教えてもらえるか?
  • 調査報告書は見せてくれるのか?

上記を尋ねた時に「それはちょっと・・・」と解答に詰まる様子があったら、疑った方がいいです。

ムカつく!ぜったい許せない!!ギャフンと言わせたい!!!

言い逃れできない証拠を突きつけ、とにかく旦那をこらしめたい!

だからといって、あなた1人で突き進むのはキケンです

もし旦那にバレてしまったら...一気に形勢が逆転して、あなたが悪者扱いされる可能性が。

✅今すぐ確実な証拠が欲しい!
✅溜め込んでいる悩みを吐き出したい!
✅旦那と浮気相手に制裁を与えて反省させたい!


そんな時は「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

無料で何度でも相談できるサービスで、今のあなたに最適な解決方法を提案してくれます。

24時間365日、【完全匿名】で相談できます。

今すぐ浮気問題のプロに相談し、協力して旦那をギャフンと言わせましょう!

▶▶探偵さがしのタントくんへの無料相談はこちらをタッチ

あなたの悩み・状況に最適な探偵を15社の中から紹介
✅納得できるまで何度でも無料で相談OK(電話・メール)
✅地方でも対応!面談は日本全国どこでも対応

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/

浮気調査の料金を格安にする5つのコツ

どの料金体系で依頼するにしろ、10万円〜数十万円の費用がかかってしまう浮気調査。

少しでも安くしたい!」と思うところです。

浮気調査の料金を格安にするコツが下記の5つです。

  • 複数社(2〜3社)から見積りをもらう
  • 優良な探偵事務所に依頼する
  • できる範囲で証拠を集めておく
  • パートナーの行動記録を日記に残しておく
  • 細かな情報まで調査員に提供する

それぞれの詳細が次の通り。

複数社(2〜3社)から見積りをもらう

見積りは必ず複数社(目安は2〜3社)からもらいましょう。

1社だけだと適正料金かどうか?判断するのが難しいからです。

2〜3社の見積りを比較することで、適正料金を把握することができますし、交渉材料としても使えます。

ただし、安くしてください!とストレートに伝えるのはよくありません。

やや控えめな形で、「A社はこれくらいの料金でした」と、事実を伝えるだけでOKです。

優良な探偵事務所に依頼する

探偵事務所の中には、ぼったくりと思える料金を提示してくるところもあります。

「見積りは安かったのに、突然追加料金を請求された!」
「契約を急かされたのに調査に失敗した!」・・・などなど。

こうならないために、優良な探偵事務所に依頼することがポイントです。

じゃあ、どこをチェックすれば見極めることができるの?って話ですよね。

優良な探偵事務所を見極めるポイントが次の5つです。

  1. ホームページに浮気調査の実績を掲載している
  2. 実例(依頼者の声、依頼内容など)を掲載している
  3. 調査料金がしっかり記載されている
  4. 探偵業届出がされている
  5. 事業所所在地や代表者、スタッフなどが掲載されている

また、担当者との相性もあります。

相談した時に「この人はちょっと・・・」と思ったら、依頼しなくても問題ありません。

お金を払って依頼するんですから、しっかり納得できる探偵事務所を見つけて依頼しましょう。

できる範囲で証拠を集めておく

できる範囲で構わないので、浮気の証拠を集めておくといいですよ。

怪しいレシートやクレカの明細、ここ最近の態度や行動の変化など。

「浮気しているんじゃないの?」くらいの証拠や疑いでOKです。

リスクを背負ってLINEやスマホを覗く必要はありません。

覗いているところを見つかってしまったら・・・逆にあなたが悪者扱いされてしまいますからね。

【必読】浮気の証拠として使えるもの【不貞行為の証拠について】(詳細はここをタッチ)

パートナーの行動記録を日記に残しておく

浮気の証拠(参考資料)として、行動記録を残しておくことはとても効果的です。

100%浮気してる!と断言するのは難しいですが、浮気相手と会っている日や時間帯を推測できます。

そして、そこを狙ってピンポイントで調査すれば、料金をかなり安く抑えることができます。

【行動記録に残すこと】
毎日の出勤・帰宅時間/帰りが遅くなる時の理由(残業、飲み会など)/その日の態度や言動などなど

これでもか!というくらい細かく記録するといいですよ。

細かな情報まで調査員に提供する

名前や顔写真、身長などの特徴はもちろんのこと、勤務先や服装(通勤/私服)、車の情報も伝えましょう。

それに加え、通勤・帰宅経路、よく行くお店・場所なども伝えられるとなおいいです。

探偵に関する基礎情報まとめ

【CHECK】自分でやってやいけない浮気調査とは?

浮気を認めさせるには証拠が必要です。
しかし、証拠を集めるためとはいえ、やってはいけない浮気調査 があります。
詳しくはこちらのページでご確認ください。
▶▶浮気が発覚!絶対に必要な証拠とは?やってはいけない自力での浮気調査とは?

探偵に頼むと”こんなこと”までわかります!

実際に探偵に頼むと、どんな証拠をつかむことができるのか?

探偵の調査が終了すると、下記のような「調査報告書」があがってきます。(下の+ボタンをタッチで詳細をチェック)

これはかなり強力な証拠で、いざ裁判になった時にも使える武器です。

自力でこんな調査報告書をつくるのは・・・まずムリです。

調査報告書の中身を実際に見てみる(詳細はここをタッチ)

ムカつく!ぜったい許せない!!ギャフンと言わせたい!!!

言い逃れできない証拠を突きつけ、とにかく旦那をこらしめたい!

だからといって、あなた1人で突き進むのはキケンです

もし旦那にバレてしまったら...一気に形勢が逆転して、あなたが悪者扱いされる可能性が。

✅今すぐ確実な証拠が欲しい!
✅溜め込んでいる悩みを吐き出したい!
✅旦那と浮気相手に制裁を与えて反省させたい!


そんな時は「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

無料で何度でも相談できるサービスで、今のあなたに最適な解決方法を提案してくれます。

24時間365日、【完全匿名】で相談できます。

今すぐ浮気問題のプロに相談し、協力して旦那をギャフンと言わせましょう!

▶▶探偵さがしのタントくんへの無料相談はこちらをタッチ

あなたの悩み・状況に最適な探偵を15社の中から紹介
✅納得できるまで何度でも無料で相談OK(電話・メール)
✅地方でも対応!面談は日本全国どこでも対応

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/


【CHECK】自分でやってやいけない浮気調査とは?
浮気を認めさせるには証拠が必要です。
しかし、証拠を集めるためとはいえ、やってはいけない浮気調査 があります。
詳しくはこちらのページでご確認ください。
▶▶浮気が発覚!絶対に必要な証拠とは?やってはいけない自力での浮気調査とは?