ゼッタイに自力で証拠を集めてやる!と思っている方へ

証拠をつきつけギャフンと言わせてやる!
でも、自力で証拠を集めるのは
ほぼ不可能”です。
詳しい理由はこちらからチェック
▶▶キケンだらけ!やってしまいがちな自力の浮気調査

【探偵に浮気調査を依頼】失敗する主な原因|返金はされるの?

浮気調査のプロ「探偵」でも、100%絶対に成功するとは限りません。

時には失敗することもあります。

では、プロでも失敗してしまうのはなぜなのか?

また、失敗した場合は費用を返金してもらえるのか?

詳しく見ていきましょう。

ムカつく!ぜったい許せない!!ギャフンと言わせたい!!!

言い逃れできない証拠を突きつけ、とにかく旦那をこらしめたい!

だからといって、あなた1人で突き進むのはキケンです

もし旦那にバレてしまったら...一気に形勢が逆転して、あなたが悪者扱いされる可能性が。

✅今すぐ確実な証拠が欲しい!
✅溜め込んでいる悩みを吐き出したい!
✅旦那と浮気相手に制裁を与えて反省させたい!


そんな時は「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

無料で何度でも相談できるサービスで、今のあなたに最適な解決方法を提案してくれます。

24時間365日、【完全匿名】で相談できます。

今すぐ浮気問題のプロに相談し、協力して旦那をギャフンと言わせましょう!

▶▶【匿名OK】探偵さがしのタントくんに今すぐ相談する【無料】

一人で悩むのはもうイヤだ!ツラすぎる!!
✅ご飯も喉を通らないし、夜も眠れない...
私が悪いのかな?と自分を責める毎日

そんなことないです!
悪いのは旦那と浮気相手です!

じっくりお話を聞かせてください。

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/

探偵に浮気調査を依頼|失敗したら費用は返金される?

探偵の調査は必ずしも成功するとは限りません。

成功する確率は、どんなに高くても90%〜95%くらい。

どれだけ優秀な探偵も、5パーセント程度の確率で調査に失敗するといわれています。

では、もし調査に失敗してしまった場合、料金は返金されるのでしょうか?

返金の可能性が「高い」ケース

gatag-00012182

調査の失敗原因が探偵にある場合、返金に応じる事例が多いようです。

例えば、

  • 探偵の不手際で尾行がバレてしまった
  • 能力不足で十分な成果(情報)が得られなかった
  • 入手した証拠が裁判で採用されなかった

以上のような場合は、調査失敗の責任が探偵の側にあるため、費用の返金を求めることができます。

ただし、必ずしも費用の全額が返金されるとは限りません。

過失の度合いに応じて、料金の半額、3分の1程度とする事務所も多いようです。

または、調査が失敗した時点で「すでに発生している費用のみ」を依頼者に請求し、残りの料金を返金する、という形になります。

探偵によっては、無料での再調査、および調査の延長を提案する場合もあります。

返金の可能性が「低い」ケース

cc-library010010026

調査に失敗してしまっても、その原因が依頼者の側にある場合、返金を受けられない可能性は高くなります。

例えば、

  • 探偵に依頼した事実を、依頼者が対象者に話してしまった
  • 依頼者が探偵に伝えた情報に重大な誤りがあった
    (昔の恋人を探すはずが、間違って別の男性の調査を依頼した場合など)

返金の可能性は「過失の度合い」に大きく左右されます。

失敗の原因が依頼者にある場合、その誤りがどの程度、調査に影響しているのか、調査の継続が可能かどうか…

そういった観点から総合的に判断して、返金額が算出されます。

ただ、これはあくまでも「通例」です。

原則として「返金不可」としている探偵も少なくありません。

返金に関する取り扱いは、契約時によく確認することをおすすめします。

契約前に「契約書」は絶対にチェック!返金についての記載が義務付けられているから

10132107943

解約や返金に関しての取り扱いは、必ず契約書に明記されています。

調査を行う前の段階で説明を受けるはずです。

その時に、念のためにメモなど取っておくと良いでしょう。

「重要事項説明書」に返金と解約について記載するのは、探偵側の義務。

法律によって定められています。

もし、依頼時にこれらの説明がなければ、その探偵に調査を依頼することは控えてください。

調査の途中でキャンセルしたら費用はどうなるの?

探偵業において「依頼のキャンセル」は、決して珍しいことではありません。

キャンセルによって調査が中断した場合は、その時点で発生している費用の全額を依頼者が負担し、残りの料金は返金されるケースが多いようです。

または、「違約金」や「解約金」という形で費用の何割かを依頼者が支払い、残りの料金が返金されます。

ただし、キャンセルに関する扱いは各業者によって異なります。

中には「キャンセル不可」、「返金不可」としている探偵もいます。

ですから、あらかじめ確認しておきましょう。

成功報酬型の探偵に依頼すれば、失敗した時に全額返金してもらえる?

gatag-00007099

探偵によっては、調査が成功した場合にのみ報酬を受け取る「成果報酬(成功報酬)」を採用している場合もあります。

調査が失敗した場合、返金を保証してくれるわけですね。

ただし、何をもって「成功」と「失敗」を区別するのか?その判断は探偵次第。

仮に浮気の証拠が見つからなくても、「旦那さんは浮気していませんでした」と報告すれば、その調査は「成功」したことになります。

浮気調査を実施→浮気は確認されなかった→対象者は浮気をしていない→事実確認に「成功」した

上記は極端な例ですが、悪徳業者に多い手口です。

いわば失敗をごまかす手法として、広く悪用されているわけですね。

もちろん、中には良心的な業者もあって、実際に返金に応じるケースも見られます。

ただ、その場合も経費は請求される可能性が高いです。

なので、全額の返金は稀だと考えてください。

ムカつく!ぜったい許せない!!ギャフンと言わせたい!!!

言い逃れできない証拠を突きつけ、とにかく旦那をこらしめたい!

だからといって、あなた1人で突き進むのはキケンです

もし旦那にバレてしまったら...一気に形勢が逆転して、あなたが悪者扱いされる可能性が。

✅今すぐ確実な証拠が欲しい!
✅溜め込んでいる悩みを吐き出したい!
✅旦那と浮気相手に制裁を与えて反省させたい!


そんな時は「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

無料で何度でも相談できるサービスで、今のあなたに最適な解決方法を提案してくれます。

24時間365日、【完全匿名】で相談できます。

今すぐ浮気問題のプロに相談し、協力して旦那をギャフンと言わせましょう!

▶▶【匿名OK】探偵さがしのタントくんに今すぐ相談する【無料】

一人で悩むのはもうイヤだ!ツラすぎる!!
✅ご飯も喉を通らないし、夜も眠れない...
私が悪いのかな?と自分を責める毎日

そんなことないです!
悪いのは旦那と浮気相手です!

じっくりお話を聞かせてください。

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/

調査は成功したが、慰謝料をもらえない、離婚できない場合

cc-library010010025

次は少し特殊な事例について考えてみましょう。

それは、「調査は成功したものの、依頼者が目的を達成できなかった場合」です。

例えば、

  • 調査によって浮気の事実は確認できた。しかし裁判で負けて、慰謝料をもらえなかった
  • 調査によって嫌がらせの犯人は特定できた。しかしその後も被害が続いている
  • 調査の結果、夜逃げした債務者を発見した。しかし債務の取立てに失敗(また行方不明になった)
  • 調査を行っても盗聴器は発見されなかった。しかし依頼者の不安は解消されていない

以上のように様々なケースが考えられます。

結果だけを見れば、依頼者は目的を達成できていません。

しかし。どの場合も、調査に一定の成果が見られます。

このようなケースでは、原則として「料金は返金されない」と考えてください。

なぜなら、探偵の業務は本来、調査のみを対象としています。

その後のアフターフォローは「おまけ」に過ぎません。

弁護士など、他の専門家を紹介されることはあります。

でも、最終的な「問題の解決」に探偵は関与しないのが普通です。

浮気調査を探偵に依頼|調査に失敗する原因は主に6個

どんなに優秀な探偵も、調査の成功率は90〜95%程度だといわれています。

僅かではありますが、失敗する確率もあるということです。

なぜ探偵が調査に失敗してしまうのか、その原因について確認しておきましょう。

あわせて、依頼者の立場で可能な対策法についても見ていきます。

原因1:調査(調査員の存在)がバレてしまう

典型的な失敗例としては、「調査が対象者にバレてしまう」ケースが挙げられます。

探偵の尾行や張り込みに対象者が気がつき、以後の調査を継続できない…

そんな事例です。

優秀な探偵であればほぼ起こり得ない失敗ですが、それでもその可能性をゼロにすることはできません。

特に警戒心の強い対象者の場合、失敗のリスクは高くなります。

原因2:探偵に相談・依頼したことがバレてしまう

依頼者の行動により、探偵に依頼したことがバレてしまう…

最も多い失敗原因の一つです。

依頼がバレてしまう要因としては、

  • 契約書や報告書などの書類を対象者が見つける
  • 携帯電話やインターネットの履歴から発覚
  • 探偵の名刺、各種資料や広告

などが挙げられます。

疑惑を抱いた対象者が依頼者を問い詰めて、やむなく依頼の事実を認めてしまう…

そんなケースが多いようです。

「サイトを見ただけ」、「名刺をもらっただけ」などと「嘘の言い訳」をすれば、完全に依頼内容が露呈することは回避できます。

それでも対象者の警戒心は強まるため、以後の調査は極端に難しくなってしまいます。

原因3:依頼者が探偵に対し非協力的

探偵の失敗談として意外に多いのが、「依頼者の協力が不十分だった」事例。

調査前に十分な情報を得られず、依頼者自らが調査の難度を上げてしまうようなケースです。

依頼者が「話したくなこと」、「忘れていること」、「勘違いしていること」、いずれかの中に重要な情報が含まれている。

そんな事例はけして少なくありません。

個人情報や恥ずかしいこと、都合の悪いことはできるだけ話したくない…

その気持ちはよく分ります。

しかし、探偵に提供する情報が少なければ少ないほど、調査が失敗するリスクは高くなります。

事前のヒアリング(聞き取り)にはできるだけ積極的に協力しましょう。

原因4:依頼者が勝手に行動しすぎた

依頼後は、できるだけ「いつもどおりに振舞う」姿勢を心がけましょう。

協力的な依頼者は探偵によってありがたい存在です。

でも、時にはその行動が調査失敗のリスクを高めてしまいます。

例えば、

  • つもより口数が増える(対象者から何かを聞き出そうとする)
  • 普段より無口にな
  • 対象者の携帯電話、手帳などを盗み見する

以上のような行動は控えなくてはなりません。

いずれの行動も対象者に疑いを抱かせる原因となります。

原因5:探偵(調査員)の能力不足

根本的な要因としては、「探偵の能力不足」が挙げられます。

経験や人手が不足している、機材が不十分、そもそも調査のノウハウがない…

そんなケースですね。

探偵には「資格試験」や「実技試験」がありませんから、その能力には大きな「格差」が存在します。

優秀な探偵は警察よりも優秀、無能な探偵は素人レベル…

そのくらいに考えて差し支えありません。

探偵によっては、調査の成否に関わらず料金を一律で請求します。

ですから、どんな依頼でも「とりあえず受ける」そんないい加減な姿勢も散見されます。

お金になれば失敗してもいい…悪徳業者に近い事業形態ですね。

一方で、良心的な探偵は「失敗の可能性が高い依頼は断る」姿勢を徹底しています。

したがって、

  • 依頼を断られた=無能な探偵
  • 依頼を引き受けた=優秀な探偵

以上のように考えるのは誤りです。

逆のパターンである可能性も高いので、依頼先は慎重に選びましょう。

原因6:調査期間中に証拠が確保できなかった

浮気調査をはじめとして、一部の調査は「証拠」が成功の決め手になります。

しかし、写真が不鮮明だったり、対象者の顔がしっかり撮れていなかったりすると、証拠は十分な(法的な)効力を発揮しません。

最悪の場合、裁判で負ける原因になります。

ムカつく!ぜったい許せない!!ギャフンと言わせたい!!!

言い逃れできない証拠を突きつけ、とにかく旦那をこらしめたい!

だからといって、あなた1人で突き進むのはキケンです

もし旦那にバレてしまったら...一気に形勢が逆転して、あなたが悪者扱いされる可能性が。

✅今すぐ確実な証拠が欲しい!
✅溜め込んでいる悩みを吐き出したい!
✅旦那と浮気相手に制裁を与えて反省させたい!


そんな時は「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

無料で何度でも相談できるサービスで、今のあなたに最適な解決方法を提案してくれます。

24時間365日、【完全匿名】で相談できます。

今すぐ浮気問題のプロに相談し、協力して旦那をギャフンと言わせましょう!

▶▶【匿名OK】探偵さがしのタントくんに今すぐ相談する【無料】

一人で悩むのはもうイヤだ!ツラすぎる!!
✅ご飯も喉を通らないし、夜も眠れない...
私が悪いのかな?と自分を責める毎日

そんなことないです!
悪いのは旦那と浮気相手です!

じっくりお話を聞かせてください。

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/

もしかしてバレてる?気付かれてる?調査対象者のここをチェック

female-detective-0000058969

もしかしたら、探偵に依頼したことが対象者(配偶者など)にバレているかもしれいない…

そんな場合は調査を中断したほうが良いかもしれません。

しかし、バレているかどうか、はっきりとは分らない…悩ましい状況に置かれる可能性もあります。

そんな時は以下の点をチェックしてみてください。

  • バッグや机の中を探られていないか
  • 携帯やパソコンを盗み見られていないか
  • 対象者の言動に変化はないか(しつこく行き先や予定を尋ねてくるなど)
  • 会話の中に「探偵」や「浮気」といった単語が出てくるかどうか
    (ただし、依頼者の方からかまをかけるような言動は控えてください)

調査が失敗したらどうすればいい?対処法について

cc-library010010025

調査が失敗してしまった場合は、主に以下の4つの対応策が考えられます。

  • しばらく調査を中断する … 対象者の警戒心が薄れるのを待つ
  • 別の探偵に依頼する … もっと優秀な探偵に依頼する
  • 調査の方法を変える … 調査範囲を拡大する
  • 調査を延期する(再調査を依頼する)… より多くの時間を費やす

とはいえ、優秀な探偵に依頼すれば、失敗する可能性は極めて低くなります。

「一番安い探偵にしよう!」とか「早く証拠が欲しいからここにしよう!」とか、すぐに依頼してはいけません、

複数の事務所に相談し、しっかり比較・検討しましょう。

ムカつく!ぜったい許せない!!ギャフンと言わせたい!!!

言い逃れできない証拠を突きつけ、とにかく旦那をこらしめたい!

だからといって、あなた1人で突き進むのはキケンです

もし旦那にバレてしまったら...一気に形勢が逆転して、あなたが悪者扱いされる可能性が。

✅今すぐ確実な証拠が欲しい!
✅溜め込んでいる悩みを吐き出したい!
✅旦那と浮気相手に制裁を与えて反省させたい!


そんな時は「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

無料で何度でも相談できるサービスで、今のあなたに最適な解決方法を提案してくれます。

24時間365日、【完全匿名】で相談できます。

今すぐ浮気問題のプロに相談し、協力して旦那をギャフンと言わせましょう!

▶▶【匿名OK】探偵さがしのタントくんに今すぐ相談する【無料】

一人で悩むのはもうイヤだ!ツラすぎる!!
✅ご飯も喉を通らないし、夜も眠れない...
私が悪いのかな?と自分を責める毎日

そんなことないです!
悪いのは旦那と浮気相手です!

じっくりお話を聞かせてください。

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/

探偵が行う調査は大きく分けて2種類ある

探偵の行う調査は、大きく2つの種類に分けることができます。

一つは、いくらでも時間をかけられるタイプの調査。

例えば、行方調査や身元調査、各種データ調査など、時間をかければかけるほど情報が集まります。

もう一つは、チャンスや時間が限られているタイプの調査。

浮気調査や素行調査などです。

主な調査手段である、尾行、張り込み、聞き込みは、失敗が許されません。

調査がバレてしまうと、対象者は警戒心を抱き、継続して調べることは難しくなってしまいます。

仮に、一般の方が自力で調査を行った場合、前者の調査(行方調査など)には「失敗で打ち切り」のリスクがほとんどありません。

収穫は少ないにしても、好きなだけ再挑戦を繰り返し、地道に調査を継続可能です。

しかし、後者の調査(浮気調査など)は、失敗したらそこまで。調査を続けることは困難です。

ただ、腕の良い探偵は、「チャンスの限られた調査」で実力を発揮します。

一度の失敗も許されない、そんな状況下で受けるプレッシャーはかなりのもの。

素人には耐え難いかもしれません。

やはり、相応の経験と技術がなければ、調査を成功に導くことは難しいのです。

あなたができる一番の協力は「ただ見守ること」です

  • わたしも調査に協力したい…
  • 早く結果が欲しい…

そのような思いから、依頼後に自力で調べようとするクライアントは少なくありません。

例えば浮気調査なら、旦那さんの手帳や携帯電話を盗み見したり、机の中を漁ったり、時には後をつけてみたり…

お気持ちはよく分りますが、これは逆効果。

もしあなたの行動がバレてしまったら、旦那さんは警戒心を強めます。

最悪の場合、探偵の調査を邪魔することにもなりかねません。

調査を依頼した後は、むしろ「何もしない」方が成功の可能性は高くなります。

あなたにできることがあるとすれば、それは調査の「前」。

探偵にできるだけ多くの情報を提供し、進行をサポートしましょう。

  • 浮気相手はあの女性が怪しい…
  • 週末になるといつも○○に出かけている…

そんな何気ない「勘」や「一言」が、探偵の調査を大きく助けるかもしれません。

いつも通りを心がけること。余計な行動は絶対にしないこと。

依頼者の行動は調査に少なからず影響します。

失敗の例として最も多いのは、依頼者が「対象者に依頼したことをバラしてしまう」ケース。

または、ネットの履歴や契約書から、依頼の内容が対象者にバレてしまうパターンです。

どちらの場合も、以後の調査は継続が困難になります。

失敗のリスクが極めて大きくなるので、依頼の事実は必ず伏せてください。

「怪しい」と思われるだけでも深刻な影響が出るかもしれません。

思わせぶりな態度や行動は控えましょう。

また、依頼者の中には、「まずは自分で調べて、分らなかったら探偵に依頼する」という風に考える方も多いようです。

最初は「ダメもと」でやってみて、本当に困ったら探偵(プロ)に頼む…

一見したところは合理的な行動に思えるかもしれません。

しかし、これは「やってはいけないこと」の一つ。

あなたの行動や思惑が対象者に露呈すれば、依頼後の調査も難航する可能性が高くなります。

結果として、調査期間が長引き、費用がかさむ要因にもなりかねません。

特に対象者があなたの顔や車を知っている場合、自力で調べることは困難です。

実際にやってみるまでもなく、もしあなたの知り合いが、あなたの家の近所をうろうろしていたら…

同じ車がずっと後をつけてきたら…

不審に思うに違いありません。

おすすめしたいのは、「調べたいことがあったら、まず相談する」姿勢。

すぐ探偵からアドバイスをもらしましょう。

相談の時点では無料としている探偵も多いので、話を聞くだけ聞いてみる、そんな軽い気持ちでOKです。

▶▶【匿名OK】探偵さがしのタントくんに今すぐ相談する【無料】 一人で悩むのはもうイヤだ!ツラすぎる!!
✅ご飯も喉を通らないし、夜も眠れない...
私が悪いのかな?と自分を責める毎日

そんなことないです!
悪いのは旦那と浮気相手です!

じっくりお話を聞かせてください。

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/

探偵に関する基礎情報まとめ

【CHECK】自分でやってやいけない浮気調査とは?

浮気を認めさせるには証拠が必要です。
しかし、証拠を集めるためとはいえ、やってはいけない浮気調査 があります。
詳しくはこちらのページでご確認ください。
▶▶浮気が発覚!絶対に必要な証拠とは?やってはいけない自力での浮気調査とは?

探偵に頼むと”こんなこと”までわかります!

実際に探偵に頼むと、どんな証拠をつかむことができるのか?

探偵の調査が終了すると、下記のような「調査報告書」があがってきます。(下の+ボタンをタッチで詳細をチェック)

これはかなり強力な証拠で、いざ裁判になった時にも使える武器です。

自力でこんな調査報告書をつくるのは・・・まずムリです。

調査報告書の中身を実際に見てみる(詳細はここをタッチ)

ムカつく!ぜったい許せない!!ギャフンと言わせたい!!!

言い逃れできない証拠を突きつけ、とにかく旦那をこらしめたい!

だからといって、あなた1人で突き進むのはキケンです

もし旦那にバレてしまったら...一気に形勢が逆転して、あなたが悪者扱いされる可能性が。

✅今すぐ確実な証拠が欲しい!
✅溜め込んでいる悩みを吐き出したい!
✅旦那と浮気相手に制裁を与えて反省させたい!


そんな時は「探偵さがしのタントくん」にご相談ください。

無料で何度でも相談できるサービスで、今のあなたに最適な解決方法を提案してくれます。

24時間365日、【完全匿名】で相談できます。

今すぐ浮気問題のプロに相談し、協力して旦那をギャフンと言わせましょう!

▶▶【匿名OK】探偵さがしのタントくんに今すぐ相談する【無料】

一人で悩むのはもうイヤだ!ツラすぎる!!
✅ご飯も喉を通らないし、夜も眠れない...
私が悪いのかな?と自分を責める毎日

そんなことないです!
悪いのは旦那と浮気相手です!

じっくりお話を聞かせてください。

【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

\無料・匿名相談OK/


【CHECK】自分でやってやいけない浮気調査とは?
証拠をつきつけギャフンと言わせてやる!
でも、自力で証拠を集めるのは
ほぼ不可能”です。
詳しい理由はこちらからチェック
▶▶キケンだらけ!やってしまいがちな自力の浮気調査