【最新】iPhoneを探す機能で浮気調査|バレる危険性がかなり高い!?

【最新】iPhoneを探す機能で浮気調査|バレる危険性がかなり高い!?

リアルタイムで位置情報を取得できる「iPhoneを探す」機能。

これを活用すれば、パートナーの浮気調査ができてしまいます。

ただし!

浮気調査アプリとして利用するのは、かなり面倒です。

その点を踏まえたうえで、使い方をご確認ください。

2018年版|「iPhoneを探す」機能でできること

標準機能として搭載されている「iPhoneを探す」機能

無料で使える機能で、名前の通り「iPhoneの位置情報をリアルタイムで確認」できます。

特に役立つのが「紛失した時」です。

iPhoneを探す機能をオンにしておけば、今どこにあるのか?すぐに把握できます。

なので、落とした!なくした!という時も、すぐに見つけだすことができます。

また、iPhoneを探す機能で、主に使えるものが次の通りです。

  • 位置情報チェック
  • サウンド再生
  • 紛失モード
  • iPhoneを消去

それぞれの詳細を見てみましょう。

位置情報チェック

位置情報チェックや他の機能を利用するのは「iPhoneを探す」をオンにする必要があります。

オフになっているとすべての機能が使えないので、ご注意ください。

また、iPhoneを探すの下にある「最後の位置情報を送信」も、必ずオンにしておきましょう。

これをオンにしておくと、バッテリー残量が非常に少ない時に、iPhoneの位置情報をAppleに自動送信してくれます。

なので、万が一バッテリーがゼロになっても、iPhoneを見つけられる可能性がグンと高まります。

サウンド再生

「サウンド再生」のボタンをタッチすると、iPhoneから音が鳴ります。

マナーモード・サイレントの状態でも鳴ります。

ただし、音が非常に大きいのがネック。

見つけやすい反面、他の人に迷惑がかかる可能性もあります。

紛失モード

紛失モードをオンにすると、パスコードをかけiPhoneをロックします。

ロックすると、画面に「任意のメッセージ」を送信・表示させることができます。

緊急連絡先(電話番号)や届け先などを入力しましょう。

※電話番号の入力は任意です。

iPhoneを消去

すべてのデータを消去し、iPhoneを初期化します。

さらに、GPS機能もオフになるためiPhoneの追跡も中止されます。

まさに最終手段。

個人情報の流出を防ぐことができますが、失うものも大きいです。

ちなみに・・・

iPhoneの消去が行われると「アクティベーションロック」がかけられます。

こうなると、消去する際に入力したApple IDとパスワードを入力しなければ、利用を再開できません。

第三者から悪用されるリスクは極めて低いですね。

「iPhoneを探す」機能を使って浮気調査を進める方法

iPhoneを探す機能を使っての浮気調査は、基本的には下記の4ステップでOKです。

ただし、パートナーのiPhoneで「iPhoneを探す機能が”オン”」になっていることが条件です。

機能がオフになっていると活用できないので、お気をつけ下さい。

また、バレる・失敗する可能性もかなり高いです。

しかも、iPhoneを探す機能で取得した情報だけでは、浮気の証拠として使えません。

浮気を立証してきっちり制裁を与えるためには「不貞行為の証拠」が必要だからです。

では、これらのことを踏まえた上で、浮気調査の4ステップを見ていきます。

1.iPhoneを探す、もしくはiCloudの準備をする

まずは、あなたが普段使っている端末で「iCloud」にログインします。

  • iPhoneを使っている場合→iTunesからインストール
  • iPod touch/iPadを持っている場合→iTunesからインストール
  • PCを使っている場合→ブラウザでiCloudにアクセス
    https://www.icloud.com/

AndroidスマホではiCloudを利用することができません。

上記のURLにアクセスすると「このブラウザは現在サポートされていません。」というメッセージが表示されます。

なので、Androidスマホをお使いの方はPCからiCloudにアクセスしましょう。

2.iPhoneを探す、もしくはiCloudにログインする

アプリの準備ができたら、次は「ログイン」をします。

ここが一番難しいところです。

というのも、パートナーのApple IDとパスワードを知らないと、ログインができないからです。

  • Apple ID:登録されているメールアドレス
  • パスワード:8文字以上の文字列(数字、大文字、小文字を含む)

また、何度も入力を間違えると、Apple IDが無効になります。

その結果、パートナーにバレてしまいます。

なので、力技でログインするのはやめてください。

Apple IDを知る方法について

ちょっとした裏ワザなのですが、下記の方法を使えば、Apple IDを知ることができます。

  1. パスワードのiPhoneを操作する
  2. ホーム画面から「設定」に進む
  3. iCloud▶▶アカウントと進む

すると、iCloudアカウント情報という項目に「Apple ID」が表示されます。

これをメモしておきましょう。

Apple IDのパスワードを特定するのは難しい

iCloudアカウント情報には「パスワードが●●●」と表示されます。

●(黒丸)で表示されるので、パスワードを特定することができません。

ただ、文字数を特定することはできます。

文字数を特定したら、どんな文字列が使われているのか?推測しましょう。

とはいえ…

簡単なことではありません。

パスワードの推測に時間をかけるくらいなら、他の方法で浮気調査を進める方が手っ取り早いです。

3.地図上にiPhoneの位置が表示される

2016-01-26 19.00.16

Apple IDとパスワードを入力してログインすると、地図上にiPhoneの位置が表示されます。

今現在iPhoneがどこにあるのか?

iPhoneの持ち主(パートナー)がどこにいるのか?

リアルタイムで把握できます。

居場所がラブホテルだったり、県外の旅館だったりしたら…完全にアウトですね。

4.必要に応じて各機能を使う

地図上に表示されている「iPhoneのアイコン」をタッチすると、各機能を使うことができます。

  • サウンド再生→iPhoneから大音量が鳴り出す
  • 紛失モード→パスコードをかけ、画面上に任意のメッセージを表示させる
  • iPhoneを消去→iPhoneを初期化する

とはいえ、これらの機能を使う機会は少ないです。

位置情報さえ取得できれば、こっちのものですからね。

 

「iPhoneを探す」機能での浮気調査の注意点5つ

リアルタイムで位置情報を取得できる機能ですが、注意点が5つあります。

この注意点を考えると、iPhoneを探す機能を使っての浮気調査は”しない方がいい”と言えます。

リスクが高いくせにリターンが少ないですからね。

では、5つの注意点をチェックしていきます。

1.機能をオンにする必要がある。オフの状態だと何もできない

パートナーのiPhoneにおいて「iPhoneを探す機能」がオフの状態だと、何もできません。

機能が”オン”になっていないと、位置情報を取得できません。

2.Apple IDとパスワードを知る必要がある

パートナーのApple IDとパスワードを知らないとログインできません。

ログインできないことには、iPhoneを探す機能を使えません。

3.機能を利用すると通知が届くことがある

あなたの端末(iPhone・PCなど)で、iPhoneを探す(もしくはiCloud)にログインすると、パートナーの端末に通知が届くことがあります、

通知の内容が下記の通り。

【ご利用のApple IDがブラウザ上のiCloudへのサインインに使用されました】

◯◯様

お客様のApple IDが、ウェブブラウザからiCloudにサインインに使用されました。

日付と時刻
ブラウザ
オペレーティング・システム

上記が問題でない場合は、このメールを無視してください。

通知がパートナーのiPhoneに届いたら…

その時点でバレてしまいますよね。

また、通知が届く条件やタイミングとして、下記が挙げられます。

  1. ログインしたのが初めての端末・ブラウザ
  2. 過去にログインしたことはあるけど、しばらく時間が経っていた
  3. iPhoneの種類やiOSのバージョンによりけり

不透明な部分も多いです。

リスクを考慮すると、無理にログインしない方が賢明ですね。

4.バレる・失敗する可能性が高い

機能としては便利なのですが、使う前にバレる・失敗する可能性がかなり高いです。

もし浮気調査をしていることがバレてしまったら…

  • 証拠をすべて消されてしまう
  • 浮気をなかったことにされてしまう
  • 関係に深い亀裂が入ってしまう

といった問題が起こります。

5.証拠としては使えない

慰謝料や損害賠償の制裁を与えたい!

となると、言い逃れできない確実な証拠が必要になります。例えば…

  • 探偵が作成する調査報告書
  • ラブホテルに出入りしている写真・動画
  • 自宅やアパートに出入りしている写真・動画

※詳しくは下記の青文字ををタッチして、ご確認ください。

iPhoneを探す機能では、位置情報しか取得できません。

「急に具合が悪くなったから、近くのホテルで休憩していた」

「同僚の家族から食事に誘われた」

…といった言い訳が通用してしまいます。

結論:iPhoneを探す機能での浮気調査はやめた方がいい

iPhoneを探す機能や浮気調査アプリを使って「自力で証拠を集めてやる!」と思うかもしれません。

が、やめた方がいいです。

怪しまれる・バレてしまう・失敗してしまうと、証拠を確保する前にすべてが終わってしまいます。

慰謝料や損害賠償などの制裁を考えている場合は、特に注意が必要です。

確実に証拠を掴むなら、探偵に依頼するのが一番手っ取り早いですよ。

探偵に関する基礎情報まとめ

人気探偵事務所BEST3

こちらの記事も一緒に読まれています