※旦那の浮気が発覚した!今すぐ制裁を与えたいけど…

✅私が子育てをしている間に浮気...
✅他の女に触れた手で子どもにも触れていたなんて...
✅私一人が苦しむなんて辛すぎる

旦那に対して制裁を下したいならこちらのページをチェックです。
(詳しくは下の青文字をタッチ)


【どこからが浮気?】不法行為(法律)に該当するボーダーライン

どこからが浮気・不倫に該当するのか?

人によって意見は様々ですが、浮気は不法行為に該当します。

逮捕されることはないものの、慰謝料や損害賠償を請求されます。

では、法的に見た場合はどこから浮気に該当するのか?

慰謝料や損害賠償を請求するにはどうすればいいのか?

詳しく見ていきましょう。

■確実な浮気の証拠が欲しい方へ■
旦那に証拠を突きつけて制裁を下したい!

でも、スマホのデータやLINEのやり取りなどは、浮気の証拠になりません。

じゃあ、どんな証拠をどうやって集めればいいのか??

解決策がこちらです。
▶▶スマホを見る必要なし!確実な浮気の証拠を手にする方法とは?

 

そもそも浮気って違法行為なの?

浮気をしても刑事罰にはなりません。

芸能人の浮気(不倫)がたびたび世間を賑わせますが、懲役◯年とか罰金◯円とかって目にしませんよね。

ですが、浮気(不倫)は「違法行為 」に該当します。

犯罪ではないけど、法律に触れる、ということです。

浮気を罰する法律って存在するの?

存在します。

浮気や不倫は「民法709条・710条の不法行為」に該当します。

民法第709条について(詳細の確認はここをタッチ)
民法第710条について(詳細の確認はここをタッチ)

「浮気」「不倫」という単語はありませんが・・・

配偶者(パートナー)以外の異性と関係を持つ=他人に損害を及ぼします。

つまり、浮気や不倫は不法行為に該当します。

浮気=不法行為=不貞行為

民法には不貞行為の他に「不貞行為」についても定められています。

不貞行為は、いわゆる「肉体関係/性行為」のことです。

そして、配偶者の不法行為が明らかになった場合は、離婚することができます。

不貞行為に関する民法の記述(詳細の確認はここをタッチ)

ちょっとごちゃごちゃするかもしれませんが・・・

「浮気=不法行為=不貞行為」と覚えておけばOKです。

不法行為(不貞行為)に該当するボーダーラインとは?

不貞行為(不貞行為)に該当するボーダーラインは「肉体関係を持ったかどうか 」です。
(手淫・口淫などの性交類似行為も不貞行為に該当します)

異性とセックスをしたら完全にアウト。

浮気・不倫相手はもちろんですが、風俗店の利用もアウトになる可能性が高いです。

”下”が絡んでいますからね。

ただ・・・

裏を返せば「セックスをしなければセーフ」なんですよね。

キス、ハグ、手つなぎ、腕組み…などなど。

明らかに浮気だ!と思う行為でも、法的に見た場合は不貞行為と判断されません。

参考▶▶絶対に言い逃れできない【不貞行為の証拠】自力で集めるのはほぼ不可能!?

どこからが浮気?法的にアウトなのは「肉体関係を持ったら」

上述しているように、法的にアウト(不貞行為に該当)になるのは「異性と肉体関係を持ったら」です。

セックスに至る前の段階、手淫・口淫などの性交類似行為も不貞行為に該当します。

”下が絡んだら完全にアウト”ということですね。

でも、そこまで至らなければセーフなんです。

キス、ハグ、手つなぎ、ハグ…などなど。

100%浮気だろ!と思えるような行為でも、法的に見た場合は浮気とは判断されません。

証拠がないのに浮気を問い詰めるのはNG

浮気の証拠らしい証拠がなくても「浮気してるでしょ」と問い詰めることはできます。

が、反論される可能性がとても高いです。

  • じゃあ、証拠あるの?
  • 証拠がないのにそんなこと言うの?
  • 何もしてないのに疑うなんてヒドい!

…などなど。

また、一度でも浮気を疑うと、今まで以上に慎重に・厳重に行動するようになります。

証拠をすべて隠滅されてしまうでしょう。

その結果、証拠を一つも得ることができず泣き寝入りする…ということに。

参考▶▶バレる可能性大!絶対にやってはいけない【自力での浮気調査】

浮気してる!と思ってもすぐに行動しないことがポイント

浮気を確信すると、今すぐにでも制裁を与えたくなります。

でも、すぐに行動してはいけません。

反論される/言い逃れられる/証拠を隠滅される…などのリスクがあるからです。

「じゃあ、どうすればいいのか?」というと、証拠集めを行いましょう。

とはいえ、証拠なら何でもいいというわけではありません。

法的に浮気と判断されるためには「不法行為(不貞行為)」の証拠が絶対に必要です。

法的に浮気と判断されるには不法行為(不貞行為)の証拠が必要

LINEやメールなどのやり取り。

怪しいレシートや目撃情報。

このような証拠だけでは不貞行為を証明できません。

では、どのような証拠なら不貞行為を証明できるのか?

具体的な証拠の例が次の通りです。

  • 浮気相手と複数回ラブホテルに出入りしている写真・動画
    (1回の滞在時間が20分〜30分以上)
  • 自宅やアパートの部屋に複数回出入りしている写真・動画
    (1回の滞在時間が2〜3時間以上)
  • 風俗店に複数回出入りしている写真・動画

このように、性行為(性交類似行為)を証明できる写真や動画でないと、不貞行為を立証できません。

LINEやメールなどでも不貞行為を証明できるケース

単なるやり取りでは不貞行為を証明できません。

が、次のような内容がLINEやメールに記載されていれば、不貞行為を証明できる可能性が高まります。

  • 肉体関係があったことがわかる
    (ラブホテルや家にいったこと、セックスをしたこと、次に会う約束をしているなど)
  • 2ショット写真が大量にある
    (キス写真、ハグ写真、裸の写真など)

ただし、注意点があります。

「スマホの持ち主の許可なく、勝手に中身を見る行為は”プライバシーの侵害”に該当します」

なので、場合によってはあなたが罰せられる可能性もあります。

ですから、勝手にスマホを見るのはやめておいた方がいいです。

もしバレてしまったら…立場が一気に逆転しますからね。

参考▶▶バレる可能性大!絶対にやってはいけない【自力での浮気調査】

自力で不法行為(不貞行為)の証拠を集めるのはほぼ不可能

正直、自力で不法行為(不貞行為)の証拠を集めるのは”ほぼ不可能” です。

ラブホテルや自宅などに出入りしている写真・動画を撮るためには・・・

  • 浮気する日を特定する
  • バレずに尾行する
  • 顔が鮮明に写っている写真・動画を撮影する

という行動をしなきゃいけません。

これ、素人のあなたができますか?

浮気する日を特定するのはできたとしても、バレずに尾行する・撮影するのはかなり難しいです。

また、尾行することに集中しすぎて、事故に遭うリスクもありますからね。

当然、バレてしまったら水の泡です。

制裁を与えることができず、逆にあなたが悪者扱いされるかもしれません。

不法行為(不貞行為)の証拠を集めるなら探偵に頼むのが一番

バレる・失敗する・事故に遭うかもしれない。

このようなリスクを考えると、自力で証拠を集めるのは避けた方がいいです。

「でも、浮気をしてるのは間違いない。あと必要なのは確実な証拠だけ・・・」

という時は、浮気調査のプロである探偵に依頼しましょう。

怪しい・胡散臭いイメージのある探偵ですが、探偵によせられる依頼のうち70%近く「浮気調査の依頼」です。

また、探偵は公安委員会(警察署)に届出を提出しないと事務所を運営できません。

なので、探偵事務所=警察の許可を得ている、ということです。

参考▶▶実際どうなの!?とっても胡散臭い【探偵】の素性について

とはいえ、探偵事務所を探してみると、思っている以上にたくさんあるんですよね。

その中から「ここ!」という事務所を見つけるのも大変。

そんな時に活用したいサービスが「探偵さがしのタントくん」です。

タントくんはあなたの悩み・希望にピッタリの事務所を紹介してくれるサービスです。

利用は無料で、会員登録の必要もありません。

24時間365日利用できるので、ぜひご活用ください。


 
フリーダイヤル相談・通話無料
0120-708-034
 

不法行為(不貞行為)の証拠を掴めば慰謝料請求などの制裁も可能になります

探偵に調査を依頼すると、「調査報告書 」を作成してくれます。

調査報告書の中には、調査対象者と浮気相手の行動記録が事細かに記録されます。

調査報告書の中身を実際に見てみる(詳細はここをタッチ)

裁判に発展した時にも使える有効な証拠です。

そして、旦那や浮気相手に対して慰謝料請求をする時にも使えます。

探偵に依頼するのはお金がかかりますが・・・

旦那と浮気相手から慰謝料を払ってもらえば、十分にまかなえます。

実質、あなたの懐を一切痛めずに調査ができます。

今のまま過ごしていても問題は解決しません。

早くケリをつけてスッキリするためにも、ぜひタントくんに協力してもらいましょう。


 
フリーダイヤル相談・通話無料
0120-708-034
 

探偵に関する基礎情報まとめ

  • ✅私が子育てに奮闘している間、楽しく浮気...
  • ✅他の女に触れた手で子どもに触れていたなんて...
  • ✅頭では分かっているけど、気持ちがついてこない


...旦那の浮気が発覚すると、目の前が真っ暗になりませんか?

そして、色々な感情が湧き出てきます。

離婚した方がいいのかな...?とも考えますが、子どものことを考えると、そう簡単に離婚なんてできませんよね。

今が一番ツラい状況だと思います。

でも...悩みなく、ストレスなく過ごすためには「今、目の前にある問題」を解決しなきゃいけません。

そこで頼りになるのが、浮気問題のプロである探偵です。

探偵に協力してもらうメリットは3つ!

  1. 言い逃れできない証拠を確保し、旦那に突きつけることができる
  2. 復縁する・離婚する。あたたの望むゴールへと一緒に導いてくれる。
  3. どうすればいいか分からない時の相談役になってくれる。


一人で悩みながら闘うより、二人三脚で迷わず進む方が、気持ち的にも安心できます。

いきなり依頼する必要はありません。

まずは相談からスタートしましょう。
(匿名で何時間でも相談できます)


【匿名・無料の電話相談はこちらから】ワンタッチで通話ができます。

フリーダイヤル相談・通話無料
0120-708-034
 

ピックアップ特集一覧

※それぞれのイラストをタッチすると詳細をチェックできます。
■確実な浮気の証拠が欲しい方へ■

旦那に証拠を突きつけて制裁を下したい!

でも、スマホのデータやLINEのやり取りなどは、浮気の証拠になりません。

じゃあ、どんな証拠をどうやって集めればいいのか??

解決策がこちらです。

▶▶スマホを見る必要なし!確実な浮気の証拠を手にする唯一の方法とは?