【浮気?】旦那がLINEのトークを削除してる|消した履歴を見るには?

LINEを使った浮気調査

【浮気?】旦那がLINEのトークを削除してる|消した履歴を見るには?

21009view

LINEやスマホ以外から浮気の証拠を集める方法5つ

【この項目のポイント】

  1. スーツや作業着のポケットを調べる
  2. ゴミ箱の中身を調べる
  3. カバンの中を調べる
  4. 車の中を調べる
  5. 行動記録を日記に残す

失敗したくない。リスクをおかしたくない。

という時は、LINEやスマホ以外から証拠を集めましょう。

一発で証拠を確保できるわけではありませんが、バレる可能性は少ないです。

地道にこつこつと続けていけば、浮気の証拠を数多く確保できるでしょう。

ただし、ムリは禁物です。バレてしまったら元も子もありませんからね。

では、LINEやスマホ以外から証拠を集める方法をチェックしていきます。

(下記の+ボタンをタッチすると詳細を確認できます)

スーツや作業着のポケットを調べる(詳細はここをタッチ)
ゴミ箱の中身を調べる(詳細はここをタッチ)
カバンの中身を調べる(詳細はここをタッチ)
車の中を調べる(詳細はここをタッチ)
行動記録を日記に残す(詳細はここをタッチ)

【要注意】自力の浮気調査に伴う3つの危険

【この項目のポイント】

  1. バレる可能性がある
  2. 証拠が一つも見つからないこともある
  3. 浮気を決定づける証拠を掴むのが難しい

自分で浮気調査をするのはお金をかけずに今すぐ始められますが、危険(リスク)を伴います。

その詳細が次の3つです。

1.バレる可能性がある

真っ先にあげられる危険が「旦那にバレる可能性」です。

あなたは素人ですから、浮気調査についてのノウハウや技術があるわけではありません。

ですから、バレないようにこっそり進めているつもりでも、ふとした時に旦那にバレる危険があります。

もしバレてしまったら証拠をすべて隠滅される、旦那に逆ギレされてあなたが悪者扱いされる…などされてしまい、制裁を下すことが難しくなります。

2.証拠が一つも見つからないこともある

時間と労力だけをムダにして、証拠が一つも見つからずに終わることもあります。

また、浮気だと思っていたけど「実は浮気なんてしていなかった」という可能性も。それならそれで良いのですが。

3.浮気を決定づける証拠を掴むのが難しい

怪しいレシートやラブホテルのメンバーズカードを発見した。

女性用の小物やアクセサリーなどが車の中に落ちていた。

「間違いなく浮気している!」と確信する証拠ですが…これだけでは浮気を決定づけることができません。

というのも、浮気を立証して制裁を下すには「不貞行為の証拠」が必要だからです。

浮気を立証するには「不貞行為の証拠」が必要

不貞行為とは「配偶者以外の異性を肉体関係を持つこと」です。

そして、不貞行為の証拠として使えるものの例が次の通りです。

  • ラブホテルに出入りしている写真や動画
  • 自宅やアパートに出入りしている写真や動画
  • 浮気相手と旅行に行ったことがわかるもの

などなど。

LINEのやり取りやスマホのデータ、レシートやラブホテルのカードなどは、不貞行為の証拠にはなりません。

「どこからどうみても誰が見ても、100%確実に浮気をしている」と判断できる証拠が不貞行為の証拠になります。

不貞行為を確実に確保するなら「探偵」に浮気調査を依頼

浮気・不貞行為の証拠を確保するなら「探偵」に依頼するのが一番です。

探偵には日々浮気調査の依頼がよせられています。

依頼のうち約70%が浮気調査の依頼です。

とはいえ、探偵って胡散臭い・怪しいイメージが強いですよね。

周りにいない職種ですし、相談・依頼することに対して負い目を感じます。

でも、探偵って私たちが思っている以上に安心して頼れる存在なんです。

胡散臭い・怪しいイメージが強い探偵|実は安心だと言える3つのポイント

【この項目のポイント】

  1. 公安委員会(警察署)へ届出を提出している
  2. 探偵業法という法律にもとづき調査をする
  3. テレビや雑誌に出演することも多々ある

探偵が安心できる存在と言えるポイントがこの3つです。

1.公安委員会(警察署)へ届出を提出している

探偵事務所を営むためには、公安委員会(警察署)への届出が必須です。

なので、探偵は警察の許可を得て調査を行っている、といえます。

また、浮気調査だけでなく、家出人調査や個人・企業の信用調査なども行っています。警察が介入できないことに対しては、探偵が対応しているという感じですね。(警察は民事不介入)

2.探偵業法という法律にもとづき調査をする

探偵って法律なんて関係なしに調査をしているんじゃ?と思うかもしれません。

でも、ちゃんと法律にもとづいて調査を行っています。

その法律が「探偵業法」という法律です。

この法律に違反すると、罰金や営業停止・廃止処分などが下されます。

3.テレビや雑誌に出演することも多々ある

大手の探偵事務所は、テレビや雑誌に度々出演しています。

その中の一つが下記の動画です。

探偵選び・探偵さがしに迷っている時に助かるサービス

探偵が頼れる存在ということはわかった。

けど、どこの探偵に頼めばいいのか?どうやって選べばいいのか?わからない・・・

そんな時に活用したいサービスが「探偵さがしのタントくん」です。

タントくんは、悩み・要望に応じた探偵を紹介してくれる、仲介サービスです。

会員登録の必要は無く、無料で利用することができます。(匿名相談にも対応)

強引な勧誘をされることもないので、安心して利用できます。

1人で悩んでいても解決しませんので、旦那と浮気相手を確実にギャフンと言わせるためにタントくんは役に立ちますよ!