【LINE】会話を盗み見る5つの方法|覗く行為は違法性が問われることも

LINEを使った浮気調査

【LINE】会話を盗み見る5つの方法|覗く行為は違法性が問われることも

11035view

LINEのやり取りを覗く、盗み見る方法を5つピックアップしてみました。

ただし、どの方法もリスクが伴います。

場合によっては法に触れ、あなたが悪者になる恐れがあります。

どんな内容のやり取りをしてるか?気になる。
コソコソLINEをしているから怪しい。

と思っても、LINEの盗み見はしない方がいいですよ。

【はじめに】無断で勝手にLINEを見るのは止めましょう

  • 勝手にLINEを盗み見る行為は「プライバシーの侵害」になる恐れあり
  • 他人のLINEアカウントにログインする行為は「不正アクセス禁止法」に触れる

パソコンからLINEにログインする。

隙を狙ってスマホを操作してLINEを盗み見る。

このようにしてLINEの会話を見ることができますが、あなたが悪者になる可能性が高いです。

「プライバシーの侵害」や「不正アクセス禁止法」など。

違法行為をしてまでLINEを盗み見たいですか…?

そのことを承知のうえで、続きを読み進めてください。

LINEの会話を盗み見る方法5つ

【この項目のポイント】

  1. パソコンからLINEにログインする
  2. 相手に内緒でスマホを操作する
  3. バックアップを取る
  4. クローンスマホを利用する
  5. 相手からトーク履歴を送ってもらう

LINEの会話を盗み見る方法としては、この5つがあげられます。

ただし、注意点があります。

というのも、他人のLINEのやり取りを勝手に見る行為が「プライバシーの侵害」に該当する恐れがります。

また、旦那(妻)や彼氏(彼女)のLINEアカウントに勝手にログインする行為は「不正アクセス禁止法」に該当します。

こちらは立派な違法行為です。

なので、下手な方法を用いて、人のLINEの会話を盗み見ない方がいいですよ。

「リスクを犯しても構わない!」

というのであれば、下記に記載してあるLINEを盗み見る方法をご確認ください。

1.パソコンからLINEにログインする

スマホの場合、同一アカウントにログインできるのは「1端末だけ」です。

でも、パソコンからであれば同一アカウントに同時ログインができます。

パソコンからLINEアカウントにログインすれば、過去のトーク履歴を2週間前までさかのぼって見ることができます。

が…

人のLINEアカウント(旦那・嫁・彼氏・彼女など)にパソコンからログインする行為は、不正アクセス禁止法に該当します。

不正アクセス禁止法は刑事罰ですから、罰金刑・懲役刑が処される恐れがあります。

なので、絶対にこの行為をしてはいけません。

2.相手に内緒でスマホを操作する

相手のスマホのパスワードがわかるのであれば、隙を狙って内緒でスマホを操作して、LINEの会話を盗み見ることができます。

ただし、この行為は「プライバシーの侵害」に該当する恐れがあります。

また、パスワードを解除しているところ(スマホを操作しているところ)を、相手に見つかってしまう可能性もあります。

こうなると、あなたが悪者扱いされるだけでなく、関係に亀裂が入ってしまいます。

3.バックアップを取る

バックアップは、トーク履歴を復元する時に用いられるものです。
参考▶▶【浮気?】旦那がLINEのトークを削除してる|消した履歴を見るには?

バックアップを取る方法はiPhone・Androidともに同じです。方法が下記の通り。

  1. 相手とのトーク画面を開く
  2. 画面右上の「▼」をタッチ
  3. 「トーク設定」に進む
  4. 「トーク履歴をインポート」をタッチ
  5. メッセージが表示されるので「はい」をタッチ
  6. バックアップされたファイルを自分宛てにメールで送信
  7. 送信したメールを削除する

これで操作は完了。

ポイントは「送信したメールは必ず削除すること」です。

メールの送信履歴が残っていると、そこからバックアップしたことがバレる危険がありますからね。

文字だけだとわからない…という方は、こちらの動画も参考にしてみてください。

4.クローンスマホを利用する

iPhoneに限定される方法ですが、iPhoneだと「クローンiPhone」を作ることができます。

本物のiPhoneとクローン用のiPhone、パソコン、USBケーブルがあれば作成可能。

ただ、クローンiPhoneを使ってLINEを盗み見る方法は、既に使えなくなっております。

2016年2月22日にLINEのアップデートが行われ、LINEアカウントへの同時アクセス(ログイン)が不可能になったからです。

※1つのアカウントにつき、1台のスマホでのみ利用。パソコンからであれば同時アクセスができます。
参考▶▶【クローンiPhoneとは】作り方やできることは?防止対策も解説

5.相手からトーク履歴を送ってもらう

  • 盗み見たいLINEアカウントの持ち主:Aさん
  • Aさんがやり取りしている友だち(相手):Bさん

あなたとBさんの関係によりますが…

あなたとBさんが信頼しあっている仲なのであれば、BさんからAさんとのやり取りを送ってもらう、という方法があります。

ただし、Aさんに内緒で送ってもらいやり取りを見るわけですから「プライバシーの侵害」にふれる恐れがあります。

また、Bさんが赤の他人(浮気相手など)だったら、この方法が使えません。

LINEの会話を盗み見る方法はリスクが高すぎる|LINE以外からも浮気の証拠を集められる

もしあなたが「パートナーの浮気の証拠を集めるため」に、LINEの会話を盗み見ようとしているなら、それは絶対に止めた方がいいです。

違法行為をしてしまったら、あなたが犯罪者というレッテルを貼られてしまいます。

また、LINEの会話(やり取り)って浮気の証拠にはならないんです。
参考▶▶【旦那の不倫】自力の浮気調査が危険な3つの理由と、旦那に制裁を下すための5ステップ

リスクは非常に高いのに、浮気の証拠としては使えない…

それでもあなたは、LINEの会話を盗み見たいと思いますか?

犯罪者になるようなリスクを犯すくらいなら、LINE(スマホ)以外から証拠を集めませんか?

LINEやスマホ以外から証拠を集める方法

【この項目のポイント】

  1. スーツや作業着のポケットを調べる
  2. ゴミ箱の中身を調べる
  3. カバンの中を調べる
  4. 車の中を調べる
  5. 行動記録を日記に残す

LINE・スマホ以外から証拠を集める方法には、このようなものがあります。

地味な方法ではありますが、違法性が問われないので安心して取り組めます。

それぞれの詳しい手順は、こちらのページで解説されているので、気になる方はご確認ください。
▶▶LINEやスマホ以外から浮気の証拠を集める方法5つ

怪しい証拠を見つけてもすぐに問い詰めるのはダメ!その理由とは?

【この項目のポイント】

  • その証拠だけでは浮気を立証できない
  • 決定的な証拠(不貞行為の証拠)を突きつけないと逃げられる

ポケットの中からラブホテルのメンバーズカードが出てきた。

ゴミ箱の中に怪しいレシートが捨ててあった。

このような証拠を見つけると、今すぐに問い詰めたくなるかもしれません。

でも、すぐに問い詰めるのはダメです。

その理由は2つあります。

1.その証拠だけでは浮気を立証できない

LINEのやり取りもそうなのですが、怪しいレシートや2ショット写真などは「疑わしい証拠」に過ぎません。

怪しい証拠だけでは、浮気を立証することができません。

また、浮気を立証するためには「不貞行為の証拠」が必要です。

慰謝料を請求したい、損害賠償を請求したいとなると、必ず不貞行為の証拠が必要になります。

2.決定的な証拠(不貞行為の証拠)を突きつけないと逃げられる

決定的な証拠(不貞行為の証拠)を突きつけないと、逆ギレされて逃げられる可能性が高いです。

また、自力で不貞行為の証拠を集めるのは非常に難しいです。

確実に証拠を集めるなら、調査のプロである「探偵」に依頼するのが一番です。
参考▶▶【旦那の不倫】自力の浮気調査が危険な3つの理由と、旦那に制裁を下すための5ステップ

探偵に関する基礎情報まとめ