【旦那のLINE】ブロックリストに女の名前が!実は浮気相手かも?

LINEを使った浮気調査

【旦那のLINE】ブロックリストに女の名前が!実は浮気相手かも?

1126view

「ブロックリスト=連絡を取りたくない相手」と思うかもしれません。ブロックしておけばやり取りが一切できないので、連絡を絶つことができます。

が、あなたにバレないために”一時的にブロックしているだけ”かもしれません。

特に、ブロックリストに女の名前があった時は要注意です。

旦那のLINE|ブロックリストをチェックする方法

旦那のLINEのブロックリストを確認するためには、バレずにスマホを見る必要があります。

もしパスワードがかかっていたら、ムリをして解除するのはやめた方がいいです。

バレて失敗する可能性がありますからね。

そのことを踏まえたうえで、ブロックリストを確認する方法を見ていきます。

iPhoneでブロックリストを確認する方法

iPhoneでブロックリストを確認する(詳細の確認はここをタッチ)

Androidでブロックリストを確認する方法

Androidでブロックリストを確認する(詳細の確認はここをタッチ)

LINEのブロックは「浮気隠し」に最適な機能|浮気相手をブロックする理由について

LINEでブロックするというと、相手とやり取りしたくないからだと思いますよね。

ですが、一時的にブロックすることで、うっかりあなたにLINEのやり取りを見られてしまうのを防ぐことができるのです。

例えば、浮気相手の名前を男性名で登録している・トークをこまめに削除していてる。

用心深くしていても、浮気相手から「愛してる」なんて連絡が入ってしまったのをポップアップ画面であなたに見られてしまったら・・・

即バレますよね。

ですが、家にいる間だけでも浮気相手をブロックリストに入れておけば、相手からの連絡は一切表示されません。

いくら「家にいるときは一切連絡しないでくれ」と言っても、浮気相手が守ってくれる保証はありません。

また、相手若ければ勢いでラブコールしたり、奥さんに自分の存在を知らせてしまおうと狙って連絡する人もいます。

だから、用心している旦那は、LINEのブロックリストをずる賢く活用するのです。

奥さんに浮気を疑われている気がする・・・

と思うと、しばらくブロックリストへ登録して、浮気の気配を消そうとする人もいます。

なんで私が!?旦那にLINEをブロックされた理由と対処法

状況によりけりですが、なぜか妻がブロックされることもあるんですよね。

通常であれば、浮気相手の女をブロックして浮気バレを防ぐはずなのに…

でも、こんなことが理由で旦那からブロックされることもあるんです。

理由1:LINEが面倒臭い

男性の多くはLINEを「連絡手段」として使っています。

なので、世間話とかちょっとした出来事とか、いちいちLINEでやり取りするのが面倒だって思ってるんです。

特に、仕事中や飲み会の時なんかは、

なので、集中したい〜という時は、相手が妻であっても一時的にブロックすることもあります。

緊急の要件だったら電話でするでしょうしね。

理由2:監視されている気分になる

「今どこにいるの?」

「帰りは何時になるの?」

「なんで返信くれないの?」

…こんなLINEが頻繁に届いたら、誰でも面倒だと思います、

まるで監視されているみたいですからね。

そして、結果としてブロック。

いくら心配だからといって、何度もしつこくLINEを送るのはやめましょう。

理由3:ケンカをして気分が悪い

ケンカや言い争いをして気分が悪いから、一時的にブロックされた…という可能性もあります。

こちらが悪ければ「仕方ないか」と思えますが…

旦那が100%悪いはずなのに、一方的にブロックされるとムカつきますよね。

そんな時は放っておくのが一番。

子どもなんだな…と思い、そっとしておきましょう。

心配だから女友達をブロックして欲しい|でも、これだけでは安心できません

「心配だから、女友達をブロックして」と要求しただけ安心してはいけません。

ブロックリストへ登録させてしまえば、もう連絡が付かないから安心であるように感じますが、それは間違いです。

ちょっとした操作でブロックは解けますし、解いてしまえばこれまで通りLINEでやり取りができます。
参考▶▶LINEの友だちブロックリストを確認する方法[iPhone/Android]

つまり、ブロックしただけで済ませている=浮気相手の連絡先を保存したままにさせているのと変わりありません。

それなら連絡先を削除したほうがいいでしょう。

もちろん、削除しても他の手段で連絡を取ることは可能なので、しばらくはこっそり連絡をして浮気を継続していないか見張る必要があります。

浮気相手とのやり取りにLINEは必須|ブロックリスト以外もチェックを

ブロックリストの他にも、非表示設定や、トーク削除、名前の登録偽装など、LINEには浮気を助長してしまう機能が満載です。

旦那のLINEを覗く決心をしたら、浮気するならどんな機能を使用するのか?

細かく調べるのがおすすめです。

【LINEに関するページ一覧】

【要注意】LINEだけでは浮気の証拠として不十分です

LINEのブロックリストに怪しい女がいたからといって、それだけでは証拠として不十分です。

また、浮気相手とのやり取りや写真なんかも不十分です。

浮気を確信する材料にはなりますが…

これだけでは制裁を与えることができません。

慰謝料や損害賠償などを請求するとなると「不貞行為の証拠」が必要になります。

※不貞行為については下記の+ボタンをタッチすると、詳細が開きます※

【必読】浮気の証拠として使えるもの【不貞行為の証拠について】(詳細はここをタッチ)

正直、不貞行為の証拠を自力で確保するのは”ほぼ不可能”です。

浮気相手と会う日を特定する▶バレずに尾行する▶張り込む▶撮影する

これをすべて自力でしなきゃいけませんからね。

当然、失敗する可能性もあります。

「間違いなく浮気している!」
「証拠さえあれば…」

という場合は、探偵に相談するのが一番手っ取り早いです。

相談は無料で・匿名でできますし、誰にもバレずに相談できます。
(メール・電話・対面、希望する方法で)

会員登録などの必要もありませんから、ぜひご相談ください。

▶▶【匿名OK】信頼できる探偵に浮気調査の相談をする【無料です】

探偵に関する基礎情報まとめ