【旦那の浮気】LINEから見破る方法を徹底解説|違法性が問われるかも?

LINEを使った浮気調査

【旦那の浮気】LINEから見破る方法を徹底解説|違法性が問われるかも?

1794view

 

LINEやスマホ以外から浮気の証拠を集める5つの方法

【この項目のポイント】

  1. 服やズボンのポケットを調べる
  2. 車の中を調べる
  3. カバンの中を調べる
  4. 日記をつける
  5. 尾行する※危険度が非常に高い

 

LINEやスマホのパスワードが解除できない。証拠を見つけることができない。

LINEやスマホは”浮気の証拠の宝庫”と思いがちですが・・・

ここ以外からも証拠をつかむことができます。

むしろ、LINEやスマホ以外から証拠を集める方が低リスクかつ確実です。

ただ、あなたの態度や仕草、態度が変わってしまうと・・・そこから疑いを持たれてしまうおそれがあります。

なので、LINE以外から証拠を集める時は、【いつも通りを心がける】ことがポイントです。

では、LINE以外からどうやって証拠を集めればいいのか?具体例が次の通りです。(★の数が多いほど難易度が高いです)

服やズボンのポケットを調べる(★)

(詳細の確認はここをタッチ)

車の中を調べる(★)

(詳細の確認はここをタッチ)

カバンの中を調べる(★★)

(詳細の確認はここをタッチ)

尾行する(★★★★★)

(詳細の確認はここをタッチ)

注意点としては、1個〜2個の証拠だと、まだまだ弱いということ。

複数の証拠を見つけることができたら、そこから先は調査のプロ「探偵」に任せる方が安心です。

確実に証拠を手に入れたい!と思うなら、なおさらです。

自力の浮気調査で不貞行為の証拠を集めるのは「ほぼ不可能」

不貞行為の証拠として認められるものは、

  • 2人でラブホテルに出入りしている写真・動画
  • 2人で自宅や相手の部屋に出入りしている写真・動画
  • 車の中でイチャイチャしていることがわかる写真・動画

 

などがあります。

滞在時間によっては、複数回にわたって出入りしていることがわかる写真や動画が必要になります。

しかも、旦那と浮気相手の顔がハッキリとわかることも条件の一つです。

「別人だ!」と言い訳されるような荒さだと、不貞行為の証拠としては認められません。

これ、あなた1人で確保すること、できますか?

尾行や撮影に自信があるなら話は別ですが・・・

素人がここまでやるのはかなり難しいです。

下手に尾行したり証拠集めをすると、バレてしまうリスクがあります。

もしバレてしまったら・・・逆にあなた悪者扱いされる可能性も。

また、浮気の証拠をすべて隠滅させて、これまでの浮気がなかったことになるかもしれません。

こうなると、為す術もなく泣き寝入りする結果になります。

浮気・不貞行為の証拠なら探偵にお任せ

確実に証拠をつかむなら「探偵」に依頼するのがベストです。

探偵には日々浮気調査の依頼がよせられています。

調査のうち、約70%が浮気調査の依頼です。

それだけ悩んでいる人が多い、ということですね。

あまり馴染みがないので、相談・依頼するのに負い目を感じますが…

いざ相談すると、かなり気持ちが楽になります。

最初は不安だったけど、打ち明けたらスッキリするはずです。

探偵って胡散臭い・怪しいけど大丈夫なの?

胡散臭い・怪しい・信じられないなど、ネガティブなイメージが強いですが・・・

探偵事務所を営むためには、公安委員会(警察)への届出が必須になっています・

また、調査は「探偵業法」という法律にもとづいて行います。

なので、違法行為をして証拠を確保する〜ということもありません。

参考資料として、こちらの動画もぜひチェックしてみてください。

探偵選びに迷った時に活用したいサービス

探偵が頼れる存在というのはわかった。

けど、どこの探偵に相談すればいいのか?どうやって選べばいいのか?わからない…

また、探偵事務所によって調査能力が異なりますし、もちろん料金も異なります。

本当に料金が適正なのか?とか、本当に信頼できる探偵なのか?と心配になります。

そんな時に活用したいサービスが「探偵さがしのタントくん」です。

特徴をピックアップすると・・・

  • 提携探偵数は15社以上
  • タントくん独自の審査基準によって厳選された探偵のみ
  • すべての探偵事務所が公安委員会への届出を提出

このような特徴があります。

タントくんは、あなたの悩み・要望に応じた探偵を紹介してくれる「仲介サービス」です。

会員登録は必要ありません。

匿名で利用でき、無料で何度でも相談できます。

悩んでいても解決しませんからね。

1分1秒でも早くスッキリするために、タントくんの力を借りましょう。

探偵に関する基礎情報まとめ