【2回目の浮気】旦那が不倫を繰り返す|対処法や制裁についてチェック

浮気が発覚した時の対処法

【2回目の浮気】旦那が不倫を繰り返す|対処法や制裁についてチェック

213view

前に浮気が発覚した時は「もう二度と浮気なんてしない」と誓ったのに。

それを破って再び浮気をしてしまった旦那。

とにかくこらしめたい!旦那だけじゃなく浮気相手も!と思いますよね。

では、2回目の旦那浮気が発覚した時はどうすればいいのでしょうか?

旦那の2回目の浮気が発覚!対処法のパターンは主に2つ

1回目の浮気が発覚した時は「もう二度としません。誓います。」と反省していたはずなのに…

結局、男ってバカなんだなって話ですよね。

”浮気依存”とでもいうのでしょうか?

タイプの女がいたらフラフラ〜と寄り添ってみたり、アプローチされたら「次は絶対にバレない。同じ轍を踏まない!」と考え同じ過ちを繰り返してみたり…

2回目の浮気が発覚したら、徹底的に制裁を与えましょう。遠慮なんていりません。

ただ、離婚するのか?しないのか?によって、制裁の方法は違ってきます。

離婚はしないけど、きっちり制裁を与える

離婚をしないのであれば、養育費を請求する必要はありません。

やるべき制裁の方法としては…

  1. 旦那に対して慰謝料を請求する
  2. 浮気相手に対して慰謝料を請求する
  3. 旦那・浮気相手の双方に誓約書を書かせる

といった方法があります。

ただし、これらの制裁はすべて”専門知識(法律の知識)”が必要になります。

また、慰謝料を請求するとなると「不貞行為の証拠」も必要です。

まだ証拠が一つもない…

という状態で弁護士に相談しすることもできます。、

でも、証拠がないと「十分な慰謝料をとれません」とか「浮気を証明できる証拠はありますか?」と言われる可能性が高いです。

離婚することを前提に、きっちり制裁を与える

2回目の浮気をした旦那なんてもう無理。何が何でも離婚してやる

という場合、とことん制裁を与えましょう。

制裁の方法としては…

  1. 旦那に対して慰謝料を請求する
  2. 浮気相手に対して慰謝料を請求する
  3. 旦那・浮気相手の双方に誓約書を書かせる
  4. 旦那の両親・家族に事実を報告する
  5. 旦那の職場に事実を報告する
  6. 浮気相手の両親・家族に報告する
  7. 浮気相手の職場に報告する

といった方法があげられます。

1〜3は先ほどと同じですが、離婚する場合は「4〜7」の制裁もしてOKです。

離婚するわけですから、旦那とは赤の他人になります。

なので、職場での評価がどうなろうと、家族からどんな扱いを受けようと、あなたには関係ありません。

また、浮気相手に対しても同じことが言えます。

ただし、あなた1人で職場に乗り込むのはダメです。

「威力業務妨害」とか「名誉毀損」「暴行罪」などのトラブルに発展するキケンがあるからです。

なので、1人で解決しようとしないでください。

【補足1】浮気相手が1回目と同じだった場合

同じ相手と浮気をした場合は、反省したフリをして、その裏では秘密裏にまだ続いていた可能性があります。

つまり、1回目の反省や懺悔は全部ポーズ。

何も反省していないし、バレなければいいと思っていたのです。

また、一回はきちんと別れていたのにまた再燃した場合でも、それだけ相手を気に入り手放せないと思っているということです。

離婚も視野に入れ、1回目よりもキツいペナルティが必要となります。

【補足2】浮気相手が1回目とは別だった場合

違う相手と浮気をしていた場合、浮気をするスリルが止められなくなっている可能性があります。

同じ相手だった場合も厄介ですが、このパターンもとても厄介です。

癖になったものはなかなか止められません。

本人がきちんと反省し、もう止めたいと心から思わなければ、また繰り返します。

この場合も1回目よりもキツいペナルティを与えましょう。

また、次々浮気相手を変える場合は、あなたや家庭に不満があるから、他で発散していることがあります。

婚姻関係を継続するなら、なぜ浮気をするのか?

何が不満なのか?

膝を交えてしっかり話し合う必要があるでしょう。

浮気された被害者なんだから…と、今度も何もしなければ、再びくり返されてしまいます。

改善点はきちんと直しましょう。

2回目の浮気が発覚した=今後も繰り返す可能性が高いです

浮気の再犯率って、私たちが思っている以上に高いんです。

一説によると、浮気経験者の”約84%”が浮気を繰り返している…とのこと。
(浮気経験者は、男女全体で”約30%以上”といわれています)

つまり、1回目の浮気が発覚した=ほぼ間違いなく2回目の浮気をする、ということです。

さらに、2回目もバレなかったら、3回…4回…と繰り返すんですよね。

ですから、1回目の浮気が発覚した場合は「どうせ次もやるんだろ」と目を光らせておきましょう。

もしくは、もう二度としない…と思うくらいまで、徹底的に制裁を与えましょう。

※なぜ男は浮気症になるのか?その原因はこちらからチェック
▶▶浮気を何度も繰り返す旦那|浮気症になってしまう4つの原因

もう二度としないからなんて言葉は信じちゃダメ!

「絶対にもう二度と浮気なんてしない」
「残りの人生、すべてかけて償います」

…なんて都合のいい言葉、信じない方がいいですよ。

1回目の時もそんなこと言っていたのに…結局またしちゃったんですから。

口ではなんとでも言えます。

都合のいい言葉を言うくらいなら、行動と態度で示せ!って話ですね。

離婚するにしろ、関係を修復するにしろ、徹底的な制裁はゼッタイに与えましょう

夫婦関係はこれまで、もう離婚。

離婚はしないでATMとして働いてもらう。できる限り関係は修復させるつもり。

…どのような決断をするにしろ、旦那と浮気相手に対して「徹底的な制裁」は絶対に与えた方がいいです。

ごめんなさいの一言で済ませるとか、簡単な誓約書で終わらせるとか…あまりにも甘すぎです。

  • 取れるだけの慰謝料を請求する
  • 職場や家族にも報告する

これくらいの制裁を与えてやりましょう。

ただし、何の考えもなしに・証拠もなしに制裁を与えてはいけません。

制裁を与える時は、その前に「確実な証拠」を確保しましょう。

制裁を与える時に必要な証拠について

旦那と浮気相手に対して制裁を与える時は「不貞行為の証拠」が必要です。

不貞行為の証拠や探偵の調査報告書があれば、いざ裁判になっても負けることはありません。

証拠の詳細については、下記の青文字をタッチすると確認できます。

なんで2回目の浮気をしたの?1回目の浮気の時にきちんと制裁を与えなかったから

2回目の浮気があるかどうかは、1回目にあなたがどう対処したかによって、大きく変化することがあります。

  • 「気の迷いだった」
  • 「気持ちはお前にしかない」
  • 「もうしない」

なんて言われて、なあなあで済ませてはいませんか?

確かに、愛した人が裏切った事実を直視するのはツラいです。

気弱な人なら、浮気を責めること自体がツラいから、もうさっさと終わらせたいと思う人もいるでしょう。

けれど、上に挙げたような謝罪の言葉は、浮気をする人の常套句です。

誰もが思いつく言い訳です。

実は気持ちや反省なんて、まったくこもっていなかったということもあるのです。

目をそらしてしまった結果、旦那が「すぐに許された」「こいつは俺にほれてるから、何をしても最後は許してくれる」なんて刷り込んでしまえば…

簡単に二度も三度も浮気をするようになります。

まず、自分がいかに傷つき、怒っているかきちんと伝えましょう。

何度でも許されると思わせないためにも、「次はない」としっかりくぎを刺します。

離婚しないなら、浮気相手や旦那から慰謝料をもらうのもありでしょう。

▶▶離婚や慰謝料請求に関する悩みを相談する(無料です)

2回3回と浮気を繰り返すのはなぜ?原因は旦那だけでなくあなたにあるかも

一度浮気をすると、二度三度と繰り返す可能性が高いです。

もう二度としない!と誓ったはずなのに、その約束を破ってまたしても浮気。

「うちの旦那はどれだけ最低最悪なんだ・・・」と思いますが、浮気を繰り返すのは、妻であるあなたにも原因があるかもしれません。

その原因が下記の5つです。

原因1.悲しむけれど怒らない

怒るのが苦手な人は存在します。

けれど、何をされても怒りが湧かないわけではありませんよね。

浮気というひどい行為をされたのですから、怒りを前面に押し出してください。

悲しむ姿を見せれば、反省して二度とやらなくなるというのは、あなたの希望です。

妻が悲しんだくらいで浮気を止められる、優しい人ばかりではありません。

そもそも優しいなら、最初から浮気なんてしないのです。

浮気をしたら怖いことがあるぞと最初に刷り込まなかった場合…

また泣かれるけれど、それだけだろ」と浮気が癖になってしまう人がいます。

原因2.全てを2人の間だけで収めてしまう

旦那に浮気をされるだなんて恥ずかしいという思いから、事実を隠したがる人もいます。

けれど、全てを2人の間で収めてしまったら…

旦那は非難の目にもさらされず、ほとんど無罪放免です。

他人に知られてないことは、起こらなかったも同然です。

互いの両親や共通の友人などには言っておいた方がいいでしょう。

彼ら目が、次の浮気を防止してくれることもあるのです。

原因3.ペナルティを何も与えない

犯罪に処罰があるのは、罪を償わせ再犯を防ぐためです。

浮気だって悪いことなのです。

一度でも浮気をしたことが発覚したら、ペナルティを与えることが、再犯を防ぐポイントなのです。

私が怒ったんだから、ペナルティになっているでしょと思っているかもしれません。

でも、本当にペナルティになっているのでしょうか?

悲しみが先行してうまく怒ることができなかったり、感情的になりすぎて、ただ喚いているだけになっていませんでしたか?

「浮気をするとひどい目にあう」と、骨身に染みこませなくてはならないのです。

慰謝料請求までいかなくとも、お小遣いをしばらくカットする/行動に制限をつける/次があったら確実に離婚すると誓約書を書かせる/

…などなど、きちんとペナルティーを与えましょう。

原因4.男性は浮気をするものだと思っている

男性は浮気をするもの。

妻は浮気をある程度は許容しなくてはいけないと思っていませんか?

そういう考えは態度に表われます。

それを敏感に感じ取った旦那は、「妻だってそういう考えなんだから、これは男なら仕方がないこと」と自信をもって浮気をするようになるのです。

男性の中にも浮気をしない人は確実にいます。

男性でも浮気をするのは2~3割程度と言われています。

つまり、浮気をする旦那の方が少ないのです。

まずはあなたの価値観から改善してください。

原因5.旦那よりも子供だと思っている

男性は基本的に寂しがり屋です。

けれど、それを口に出すのは恥だと思っています。

そのため、家庭内での自分への愛情が少ないと思うと、よそで補充してこようと思うのです。

女性は子育てがはじまると、つい旦那の存在をおざなりにしがちです。

子育てが大変なんだから、仕方ないでしょと思うかもしれません。

でも、旦那の愛情の飢えをきちんと満たしてあげるのは妻の務めです。

浮気を予防し、よりより家庭を築くためにも、子供と同じくらい旦那も大切にしてあげてください。

浮気を何度も繰り返す旦那|浮気症になってしまう4つの原因

一度浮気をした人は、高い確率で繰り返します。

では、なぜ浮気を繰り返すのでしょうか?主な原因は以下の4つです。

原因1.愛情が満たされていない

あなたは十分に愛情を表現しているつもりでも、相手に伝わってないことがあります。

日本人はこの手の表現が上手くありません。

そして、受け取るほうも上手ではありません。

夫婦だから言わなくてもわかる、というのはフィクションの中の話です。

人間はエスパーではありません。

定期的に言葉や動きできちんと伝えていないと、本当の気持ちを読み取ることは不可能なのです。

また、幼少期に十分に両親から愛されなかった子供は、大人になっても他人からの愛情を疑う傾向にあります。

旦那がそういった人だった場合は、根気よく愛を伝える必要がります。

妻は本当に愛してくれていて、両親のように裏切らないのだと安心させる必要があります。

原因2.浮気を悪いことだと思っていない

浮気は男の甲斐性なんて言われている時代もありました。

古い考え方ですが、実際に今でもそう考えている男性は少なくありません。

結婚後もたくさんの女性と関係を持つことは、男にとってステータスだと勘違いしているのです。

昔はそんな風に考えていなくても、職場や友人にそういった考えの人がたくさんいる!

と、染められてしまうことがあります。

「類は友を呼ぶ」という言葉もありますが、旦那の友人に浮気経験者が多い場合は気をつけてください。

原因3.あなたを信頼している

信頼といっても悪い信頼です。

どんなことをしても、妻は最後には俺を許してくれるという信頼があると、浮気をくり返すことがあります。

浮気が発覚したらきちんと怒り、今度やったら離婚するという姿勢をきちんと見せましょう。

また、専業主婦で一人で生きていく経済基盤がないと「どうせ別れられないだろう」と侮って、浮気を繰り返すこともあります。

一度でも浮気をされたら、共働きになることも検討してみましょう。

原因4.スリルが止められない

悪いことだとわかっていてもそれをすることは、ある種の快感を生みます。

セックスや疑似恋愛を楽しむためではありません。

既婚者なのに他の相手と浮気しているという背徳感やスリルから、浮気を止められなくなる人もいるのです。

浮気症の旦那に対してとるべき4つの対処法

浮気症の男性に浮気を止めさせることはとても難しいです。

上で紹介した理由のほかにも止められない原因はたくさんあります。

色々なものが複雑にからみ合っていることも珍しくはありません。

旦那が止められない浮気症だった場合はどうしたらいいのでしょうか?

考えられる選択肢は4つあります。

対処法1.離婚する

最も簡単なのは離婚することです。

できれば証拠を集めて、旦那と浮気相手から慰謝料をもらいましょう。

慰謝料をもらっておけば、どちらに非があったのか?はっきりさせることができます。

なので、ぜひ請求を行ってください。

対処法2.夫ではなく子供の父親だと思う

子供がいると、なかなか離婚に踏み切れない人も多いでしょう。

そういう時は「この人は自分の添い遂げるパートナーではなく、子供の父親だ」と、思うといいでしょう。

もちろん、婚姻を継続するなら、子供の前で浮気の話をしたり、喧嘩をするのはご法度です。

子供の前では完璧な夫婦を演じられる自信があるのなら、この方法も選択肢の一つとなります。

子供が成人するまでと継続期間を決めて、その間に手に職をつけたり、単身となったときの費用を貯めておくのもおすすめです。

対処法3.ATMだと思う

旦那にはお金を稼いでくるくらいしかいいところがないと思ったら、浮気症には目をつぶります。

そして、お金を運んでくる用の人だと思うようにしましょう。

とはいえ、最近では共働きも珍しくありません。

旦那の稼ぎがよほどいいのならともかく…

同程度の稼ぎなら、さっさと別れて次の出会いに期待したほうが、いい人生である可能性が高いです。

対処法4.正妻は私だと思う

浮気は遊びと思っている旦那なら、妻はこれからもあなた一人だけです。

浮気をされてもやっぱり愛しているから別れられないのなら、ただ一人の妻であることにすがるしかありません。

浮気が本気になる前に、証拠を集めて浮気相手に慰謝料請求するなどして、お灸をすえてやりましょう。

探偵に関する基礎情報まとめ